Photo by iStock
# 結婚 # 婚活

「価値観が同じ人」との結婚が幸せとは限らない!パートナー選びで「本当に大事な条件」

新型コロナの影響による在宅勤務で、夫婦の時間が増えた人は多いはず。その結果、おたがいイライラ、モヤモヤ、ギスギスが増えてしまった人も多いだろう。そんな夫婦にピッタリな不機嫌な妻 無関心な夫』を出版した心理カウンセラーの五百田達成氏は、「価値観が同じ人」よりも「話し合える人」を結婚相手に選ぶことを勧める。聞けば納得のその理由を、本人が語った。

「うまくいく夫婦」の共通点

× 価値観が同じ人と結婚する
○ 話せる人と結婚する
Photo by iStock

「価値観が合わなかったから」

これは離婚の理由としてよく聞くものです。

ですが実際は、価値観が合わなくてもうまくいっているカップルはたくさんいるし、価値観が合っていても別れてしまう夫婦もこれまたたくさんいます。

「価値観が合う人と結婚したい」

これは未婚の人がよく口にする言葉。たしかに価値観の合う人なら一緒にいてラクだし、楽しいでしょう。でも価値観が自分と100%同じ人なんてこの世にはいません。

また、なまじ価値観が似ているからこそ、些細な違いが気になって許せなくなった、だから離婚したという夫婦もたくさんいます。

では、ポイントは価値観じゃないとしたら、いったいなんなのでしょうか?

「価値観が合わなかった」という人の話をもっと詳しく聞くと、正確には「価値観が合わなくて、その違いがどうしても埋まらなかったから」ということがわかります。

 

つまり「埋まる・埋まらない」「すり合わせができる・できない」こそが、うまくいく夫婦とうまくいかない夫婦の間を分けているものなのです。

たとえば、夫はアウトドア派、妻はインドア派という価値観の違う夫婦がいたとしましょう。たとえ意見が違っていたとしても、そこから生じる問題についてよく話し合えれば、トラブルにはなりません。