Photo by iStock
# 夫婦

セックスレスに悩む夫婦に知ってほしい、今日からできる「意外な解決策」

いきなり「ゴール」を目指さない
新型コロナの影響による在宅勤務で、夫婦の時間が増えたという人は多いはず。その結果、おたがいイライラ、モヤモヤ、ギスギスが増えてしまった人も多いだろう。そんな夫婦にピッタリの一冊といえる『不機嫌な妻 無関心な夫』を出版した心理カウンセラーの五百田達成氏は、セックスレスに悩む夫婦に対し「ハイタッチから始めてみよう」とアドバイスする。やや意外にも思えるこのアドバイスの真意を、くわしく語ってもらった。

無理に話し合う必要はない

× セックスレスに悩む
○ スキンシップから始める
Photo by iStock

最初は恋人同士で始まった夫婦関係も、ライフステージの変化とともに徐々に変わっていきます。なかでも、セックスレスになってしまったと悩む人は少なくありません。

セックスはお互いへの信頼感を確かめ合う大事な手段の一つ。ですが、あくまで手段であって目的ではありません。目的は夫婦が仲良くいること、うまくいくこと。セックス以外の手段でふたりのコミュニケーションがばっちり取れていれば、それでいいでしょう。

問題なのは、セックスレスでふたりの仲が悪くなっているケース。

夫婦のどちらかは相手とのセックスを望んでいる、あるいはセックスレスであることに苦しみや悲しみを感じている。一方、相手はそのことに関して気にしている様子はない、あるいは避けているようにも感じる。双方の思惑がずれていることが問題なのです。

このようなときも、理想としては、夫婦で話し合いができれば解決の糸口は見えてくるはず。といっても、このジャンルの夫婦の話し合いはハードルが相当高いのが現実です。

 

そもそも性の話はお金の話同様、家庭のなかでタブー視されがち。すっかり家族になってしまった夫婦であれば、「いまさらそんな話、恥ずかしい」という部分もあるでしょう。

ですから、このテーマについては無理に話そうとしなくてもOK。切り出すほうも切り出されるほうも、「恥ずかし度」が高すぎます。

ならばなにもせずに我慢するしかないかというと、打つ手はちゃんとあります。