photo by gettyimages
# パナソニック

パナソニックが大ピンチ…元社長やライバル幹部たちが明かした「凋落の真相」

家電もダメ、半導体もダメ、充電池も…

プラズマテレビで敗戦を喫し、「変わらなきゃ」ともがき続けてきたパナソニック。身を切る改革を山ほど実行したつもりだったが、活路は見出せなかった。漂流する26万人の巨艦はどこへ向かうのか。

「戦犯」の元社長は叙勲

「パナソニックはもう、難しいわな。世界で何十%のシェアを握れるような、『これは』という事業を生み出せなかった。これだけ組織が大きくて技術の範囲が広いと、どれが有望か見出すだけでも簡単じゃないんです」

11月24日の夕刻、大阪府内の自宅で本誌記者にこう語ったのは、'00年から'06年までパナソニック(当時は松下電器産業)社長、'06年から'12年まで同会長を務めた中村邦夫氏(81歳)。在任時に独裁体制を敷いた「天皇」、そしてパナソニック凋落の引き金をひいた「戦犯」と社内では呼ばれている人物である。

中村氏はこう続ける。

「私はプラズマテレビを育てたいと思って、それに賭けた。でもこれほど技術革新が進み、(競合製品の)液晶が大型化するとは読みきれず、失敗に終わってしまいました。

photo by iStock

次の楠見(雄規)新社長に期待したいです。なかなか簡単ではないだろうけどね」

いささか無責任にも聞こえる発言だが、この2週間前の11月11日、中村氏は燕尾服に身を包み、皇居・宮殿の「松の間」を訪れていた。元沖縄県知事の仲井真弘多氏、元トヨタ自動車会長の内山田竹志氏ら5人とともに、旭日大綬章の叙勲を受けたのだ。

天皇から勲章を手渡された中村氏は、受章者を代表して挨拶。こんなコメントを出した。

「世界的な市況悪化の中、構造改革を加速し、V字回復を成し遂げることができたのは、パナソニックグループに携わる全員が心を一つに取り組んだ結果です。皆様に支えられて達成できたことは、この上ない幸せでした」

確かに中村氏の社長在任中は、一時的にパナソニックの業績は上向いた。しかしそれは、大量の社員の首を切り飛ばして作り出した「V字回復」だ。

そのやり方は暴力的と恐れられた。辞めさせたい社員の耳元で「45歳以上の社員はいらない」「英語もパソコンもできない君にできる仕事はない」と囁き、拒めば研修施設に放り込んで、一日中草むしりをさせる。そうして中村氏は1万3000人を追い出した。

 

中村氏の経営を知る社員には、今回の叙勲に不快感を抱く者もいる。企業トップには叙勲を辞退する者も少なくない。まして10年、20年におよぶ不振の原因を作り、リストラに頼るほかなかった元社長が、なぜ今さら胸を張って勲章など受け取れるのか、と。

社内でそういう声も出ているようですが、と本誌記者が聞くと、中村氏はこう一言だけ答えてドアを閉めた。

「(叙勲されたのは)みなさんのおかげですよ」

ひとり得意の絶頂にいる中村氏とは裏腹に、いまパナソニックは再び迷走を始めている。