梅宮アンナさんが語る、父・梅宮辰夫の「死後の手続き」はこんなに大変だった

はや一周忌

預金が下ろせない!

「去年の12月12日に、父(梅宮辰夫さん)が亡くなってから私は一度も泣いていません。涙を流す暇も余裕もないほど、父の死後の手続きは大変だったのです」

こう明かすのは、辰夫さんの一人娘のアンナさん(48歳)だ。この一年は、相続のための書類集めに悪戦苦闘してきた。

「父の死後、母(クラウディアさん・76歳)は憔悴して泣いてばかりでした。母はアメリカ出身のため、日本語の読み書きが得意ではありません。一人娘である私が全部やるしかなかったのです」

アンナさんがまず困ったのが、父名義の銀行口座の凍結だった。

photo by iStock
 

「父の場合は芸能人ということもあり、死亡届を出す前にテレビのニュースで亡くなったことが報道されました。そのため死後わずか4日で口座が凍結されて、預金が下ろせなくなったのです。やむをえず葬儀の費用や、新しくお墓を建てる代金も私の貯金から出しました」(アンナさん、以下ただし書きのない「」も同)

銀行は名義人の死亡を知った瞬間に、口座を凍結する。葬儀の看板、地方紙のお悔やみ欄なども、そのきっかけになる。口座からカネを下ろせなくなり、困ったのは妻のクラウディアさんだ。

「梅宮家のおカネの管理は、すべて父がやっていました。母は毎月、現金で生活費を手渡しで受け取っており、自分名義の口座を持っていなかったのです。しかも、口座凍結でクレジットカードも使えなくなりました」