# AD special # クレジットカード

アメックス ビジネス ゴールドが法人カードに選ばれる「最強」の理由

事業効率化も福利厚生もこれ一枚で

提供:クレジットカードプラス

個人事業主(フリーランス)や中小企業、そしてスタートアップのオーナーにはもはや欠かせないビジネス用のクレジットカード(以下、法人カード)。法人カードは「支払い機能さえちゃんとしていれば何でも良い・・・」と考えてしまっている人も多いのではないだろうか。

法人カードはもちろん自分(自社)のステータスを誇示できるだけでなく、発行するにはそれなりの信用力が無いと発行できないため、ある意味自分(自社)の信用を示す一つの神器になっていると言っても過言ではない。

そんな法人カードの種類でも特にビジネス環境が目まぐるしく変わる個人事業主(フリーランス)、スタートアップのオーナーにとって真新しい独自の付帯サービスを提供しているのがアメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード(以下、アメックス・ビジネス・ゴールド)だ。

まずアメックス・ビジネス・ゴールドには年会費34,100円(税込)が必要となっている。しかし、この年会費を上回る法人カードならではの特典サービスや保障があり、入会するだけで心強いアメリカン・エキスプレスからのサポートが受けられる。スタートアップで起業している経営者や個人事業主(フリーランス)にとっては、ビジネスの大きな味方になってくれるに違いない。

なんと、この記事を読んでいる読者の皆さんには初年度の年会費が無料になる特典をプレゼント中。こちらのリンクからお申し込みできます。

具体的にアメックスのビジネス・ゴールドならどんなサービスを受けられるのか、詳しく解説しよう。

登記後すぐに申込みが可能、限度額の相談や不正利用防止も万全。さらにポイントも

アメックス・ビジネス・ゴールドは、法人登記後・開業後、すぐに申し込みできるのが特徴だ。備品の購入や設備の導入など、何かと支出が多いビジネスのスタート時でもこの一枚があなたのビジネスをバックアップしてくれる。そんなバックアップを紹介していこう。

・ユーザー一人ひとりに合わせた利用限度額

カードの利用可能枠は予め定められているのではなく、ユーザーの利用状況によって柔軟に変化する。オンライン広告料金や設備投資など、通常よりも高額の決済が必要な場合は、事前に相談すれば可能な限りの対応ができるよう体制を整えてくれている。高額決済の際は、勿論その額に応じてポイントが獲得可能。ビジネス関する支出をアメックス・ビジネスにまとめて経費管理の効率化、同時に様々な用途に使えるポイントも獲得もできる。

・ポイントが効率的に貯まる「メンバーシップ・リワード(R)」

ポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」は100円につき1ポイント加算されるプログラムだ。溜まったポイントと好きなアイテムを1度交換すれば、通常最大3年間のポイント有効期限が無期限になる。交換したアイテムで、ビジネス環境の充実をはかったり、ポイントを支払いに充当させることも出来、経費削減も実現できるのだ。

・ビジネスでのご利用に安心な補償、安全なセキュリティーが充実

まず1つ目に、万一、第三者による不正使用と判明したカード取引が発生した場合は、原則として全額負担無しとなるオンラインでの不正利用を補償する「オンライン・プロテクション」。コロナ禍で増えてきたオンラインでの購入にも安心だ。

さらに、不審なカード取引を早期に探知するために、不正使用を探知するシステム「不正使用検知システム」を導入し、世界中の加盟店において、カード会員様のカードご利用状況を24時間365日見守ってくれている。不正使用を探知するシステムが不審なカード取引を発見した場合は、原因究明のため、すぐに連絡が入るようになっている。

また、「American Express SafeKey(R)」参加加盟店でオンライン・ショッピングを行うとアメリカン・エキスプレス・セーフキーという、認証コードにより本人認証を行うサービスがある。万一、第三者が不正に買物をしようとしても、認証コードによる本人認証が必要となるため、カードの不正使用を防止できる。

従業員や自分への福利厚生、取引先の効率的な収集も

また、個人事業主や中小企業のオーナーがすぐには取り揃えることのできない福利厚生の充実や、新しい取引先とビジネスをすすめる上でまず最初にすべき取引先情報の収集など手間のかかるサービスもこのカードさえ持っていればすぐに整える事ができる。

・ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」年会費無料

G-Search(ジー・サーチ)は、入札・落札公告情報、企業情報、新聞・雑誌記事、人物情報などまで、幅広く収録した日本最大級のビジネス情報データベースサービスだ。

G-Searchデータベース公式サイトより

「帝国データバンク企業情報」や「東京商工リサーチ企業情報」などからビジネス情報をオンラインで入手できるサービスを、登録・月会費無料で利用可能となっている。取引先情報や市場動向などをリサーチする際にぜひ活用してみよう。

・ヘルスケア無料電話相談

ビジネスオーナーは身体が資本。常にハイパフォーマンスを出し続けるためには自己管理も徹底しなければならない。それでも身体の調子が悪かったり、普段の生活に不安を感じたりする人も多いに違いない。こういった食事、運動、健康維持などに関する質問に答えてくれるほか、医療機関の紹介も行ってくれる。24 時間365日相談が可能なので、健康管理に役立てたい。

・福利厚生プログラム「クラブオフ」

そして、福利厚生面。国内外200,000以上の契約施設を特別優待料金で利用できる福利厚生プログラム「クラブオフ」のVIP会員年間登録料がなんと無料で利用できる。「クラブオフ」は国内の宿泊施設22,000軒のホテル・旅館が最大90%オフで利用できたり、レジャー施設も最大75%オフで利用できるなど優待が受けられるサービス。その他映画や日帰り温泉も大きな割引が得られる上、自身はもちろん、追加カードを持っている社員も利用できる。

クラブオフ公式サイトより

事業・業務拡大に直結するLancersやEightも特典あり

アメックス・ビジネス・ゴールドのホームページには「充実したサービスで、ビジネスをさらに飛躍させる」というキャッチフレーズが書かれている。その言葉の通り、事業拡大・効率化に役立つサービスがお得に受けられるものが取り揃えられている。

・クラウドソーシング仕事依頼サイトの「Lancers」

少数精鋭でビジネスをする中小企業や個人事業主にとって、利益を最大化するためにはとにかく自分にしかできない仕事に集中することだ。ただ、やらねばならない仕事を放置するわけにもいかない。そんな時に使えるのが「Lancers」。このサービスを使えばもちろん社外人材にアウトソースができるが、特に急ぎで仕事をお願いしたいときなどは優先的に募集がかけられる有料オプション(通常8,800円(税込))を使うことができ、さらに初回は無料で使える。また人材を最短即日で紹介してもらえる有料サービスの紹介料も20%オフで利用できる。

・スマホ名刺管理アプリ「Eight」

スマホで名刺を取って名刺を管理するアプリ「Eight」も「Eight企業向けプレミアム」という月額440円(税込)/1人が5名分初年度12ヶ月分無料で受けられ、これだけでも26,400円(税込)分がなんと無料に。従業員にも喜ばしいサービスが提供できるのは経営者冥利と言っても良い。

国の補助金・助成金検索サービスで資金繰りも安心

企業経営において最大の課題である資金繰り。この資金繰りに一役を担うのが国の補助金や助成金だ。特に昨今のコロナやビジネスの移り変わりには補助金・助成金を活用することは企業にとってメリットになるだけでなく、生命線になる場合もある。

しかし、その受給できるものは自治体や国というくくりだけでなく、その使用目的で受けられるもの、得られる助成金の金額も異なり、とてもではないが忙しい経営者にとっては探すことすら苦痛だ。

こういった悩みを解決してくれるのが、株式会社ライトアップが提供する補助金・助成金検索サービス「Jシステムだ。このサービスはインターネット上で各社ごとの受給可能性が高い助成金を1分で調べることが可能になっており、受給金額も自動で診断してくれる。そしてそのままオンラインで申請までが可能になっている。このサービスを受けるためには定価で36万円(税抜)がかかるが、アメックス・ビジネス・ゴールド会員であれば、30万円(税抜)でサービスが受けられるため、なんと6万円も安くこのサービスが利用できる。

こういったサービスを利用し、補助金・助成金を得られることができたら、従業員がよりパフォーマンスを出せるようにIT環境を整えることもできるうえ、雇用を守ることもでき、企業の資金繰りにも大いに役立てることができる。

確定申告や経費精算も効率化

さらに経営者、個人事業主にとって、毎月・毎年切っても切れないのが経理・決算業務だ。今や会計ソフトといえばクラウド会計を使って請求書も経費も管理し、日々のキャッシュフローを管理するだけでなく、確定申告や決算資料も作れるのは当たり前になった。その中でも国内シェアNo1の会計ソフト「freee」だ。

なんとこのビジネスカードは「freee」ともAPI連携ができており、カードで利用した経費はすべて自動的に取り込まれ、仕分けも行ってくれる。「freee」はもちろん経理業務だけをミスなく自動的に行なってくれるだけではない。経営分析も部門別会計で見ることができたり、出入金も見ながらキャッシュフローを確実に日々把握できる。

こういったサービスの特典だけでなく、事業資金自体も手助けしてくれるサービスがある。投資したい時期に今すぐ事業資金が必要なとき、ビジネスチャンスのために支払いを抑えたいときに役立つリボ払いサービス「ペイフレックス あとリボ for Business」というサービスで自分が希望する支払いのみをリボ払いに変更できるものや事業資金をカードローンでサポートしてくれる「VIP Loan Card for American Express」というサービスも入会特典として受けられるサービスも用意している。

その他の受けられるビジネスサポート
・宅配・レンタカーなどの利用料が割引
・日経電子版Proの利用
法人版の日経電子版サービス「日経電子版Pro」を利用可能
・ビジネスコンサルティングサービス
経営コンサルタントを紹介、電話の面談も行ってくれる。

従業員や自分へのご褒美の福利厚生までついてくる!

働く環境のサポートも、アメリカン・エキスプレスなら抜かりがない。今や中小企業、個人事業主も固定アドレスで仕事をする必要性がなくなってきており、シェアオフィスやコワーキングスペースなどで仕事をするひとも多いだろう。

会員であれば、日経が提供しているシェアオフィスサービスOFFICE PASSが通常月額料金の最大10%オフで利用できる。また、WeWorkの「ホットデスク」スペースのメンバーシップ料金を2ヶ月間50%オフで使える。

WeWorkの「ホットデスク」プランはWeWorkの特定のオフィスを指定すれば、コミュニティ型のワークスペースに年中無休で利用できる。ワークスペースにはスタートアップの経営者やフリーランスなども活用しており、ビジネスの出会いの幅も大きくなるうえ、イベントやカンファレンスも参加できることでビジネスチャンスにも恵まれることもある。

そしてなんと言っても嬉しいのがいざ打合せでも会議室が予約できたり、オフィスの必需品もすべて整っているため、無駄なオフィス賃料のリスクも最小限に抑えることが可能だ。

出張が劇的に快適になりVIP待遇に

法人カードと言えば出張に関する付帯サービスも手厚い。アメックス・ビジネス・ゴールドの会員は、他社のカードとは一味違うVIP待遇も受けられる。コロナ禍で出張の機会も減っているかもしれないが、アフターコロナを見据え、この点もカバーしておきたい。

まず、HISアメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクというサービスがあり、電話1本で国内外のパッケージ・ツアーや国内線・国際線の航空券、ホテル、レンタカーも全て準備してくれる。さらに、突然の出張が必要になったときでもJALの国内線航空券をオンラインで24時間365日予約・発券ができるサービスも整えており、優待運賃が適用されるので、高額なチケット代を支払わなくても済む。(※諸条件あり)

さらに飛行機に搭乗するまでも優雅に過ごすことができる。国内外の空港ラウンジには同伴者1名とともに無料で利用できる上、海外出張の際に重い手荷物も自宅から空港まで、空港から自宅までなんとスーツケース1個を無料で配送してくれる。そして、さらに提携タクシー会社の車をチャーターができ割安に定額料金で送迎までしてくれるのだ。その他にも対象空港にはよるが、割安でパーキングを利用できたり、無料ポーターサービス、空港クロークサービスがあったりとまさに経営者としてふさわしい待遇を得られる。いずれ国内だけでなく、海外への出張機会も復活するタイミングで、ぜひ活用したい。

アメックス・ビジネス・ゴールドは、持っていることだけで自分のステータスを上げることができるだけでなく、まさに経営の課題解決や円滑に事業を進めるためのサービスをこの一枚のカードで実現してくれるのだ。優れた経営者には優れたパートナーがあるように、アメックス・ビジネス・ゴールドは心強いパートナーとなってくれるだろう。