茶の飲み手と作り手がいてこそ
茶の文化は継承される

日本に中国から茶が伝来したのは奈良・平安時代と言われています。その後、鎌倉時代に、禅僧・栄西によって、日本初のお茶の専門書『喫茶養生記』が記され、茶は二日酔いによいと効用を説き、深酒しがちな将軍・源実朝に著書を献上したという話も残っています。抹茶を「服」と数えると先述しましたが、これが由来のようです。

その後、室町から安土桃山時代にかけて、千利休によって茶の湯が大成され、抹茶が武家社会に浸透。江戸時代には煎茶の製法が誕生し、庶民には、手軽に飲める煎茶が親しまれていきます。こうして日本に茶文化が根付いていきました。

今では各地域に茶畑ができ、さまざまな種類の茶が生まれ、ペットボトルのお茶も登場しました。このように現代まで脈々とお茶の文化が息づいていますが、この先100年、200年と変わらずに続いていくとは限りません。昨今では若者の“お茶ばなれ”があるとも耳にします。お茶を飲む人がいるから、お茶を作る人がいる。当たり前のことですが消費者と生産者の存在がお茶を根幹で支えています。

photo:KIDERA NORIO

例えば抹茶は、今でこそスイーツなどでも使われ、海外でも需要がありますが、これまで茶道があったからこそ何百年と作られ続けています。もし茶道がなければ、極端に言えば今頃は抹茶が日本から消えていたかもしれません。

また、日頃から飲んでいる煎茶など様々な日本茶においても同じことが言えます。お茶を飲む人が減れば、お茶そのものの生産量が減り、結果として小売価格が高くなります。高くなったら買い手も減ってしまうという負の連鎖です。

だからこそ、良質なお茶を日常的に飲めるように、リーズナブルな価格で提供し続けてもらうためには、お茶を飲む人の存在は不可欠です

全国のお茶農家さんをはじめ、お茶に関わる方々が、お茶に興味を持ってもらうための取り組みをしています。私も茶道を広める立場から、消費者として、生産者側に近い存在としてお茶と向き合っているところです。お茶の教室を開いたり、ワークショップを行ったり、海外でお茶をふるまったり。私のもとにはお茶にまつわる、さまざまな仕事の依頼がありますが、茶道を通してお茶の魅力が多くの人に伝わり、日本茶の業界全体が盛り上がるならば、微力でも貢献できればと東奔西走している最中です。

お茶の文化を絶やさないために、今から誰もができること、それは日本茶を淹れて飲むこと。急須がなくても、湯呑みがなくても大丈夫。茶葉と茶こしがあれば、湯を注ぐだけでお茶は簡単に淹れられます。水出しもおすすめです。抹茶も粉を入れ、湯を注ぎ、茶筅で点てるだけ。インスタントコーヒーくらい気軽に飲んでいただけます。

私は海外に行く時、必ずお茶を持参します。異国で日本のお茶を飲んでホッとひと息つく。頭とからだがリセットされます。みなさんも自分らしいお茶との向き合い方、楽しみ方を見つけてみてください。

●情報は、FRaU2020年5月号発売時点のものです。
Writing:Shirakura Ayako