ユニクロは「持ち越せる」 photo/gettyimages

アパレル業界、「叩き売られるブランド」と「ずっと売れるブランド」の大違い

ユニクロは「持ち越せる」。しかし…

慢性的な過剰供給にコロナ禍が重なって、アパレル商品はなりふり構わぬ「叩き売り」が横行しているが、賢いアパレル事業者は売れ残っても叩き売りはしない。翌シーズンに持ち越して「正価」販売したり、何年も倉庫に寝かせて“熟成”したヴィンテージ商品として再販するからだ。では、叩き売られるブランドと持ち越すブランドの違いはいったい何なのか――。アパレル流通に詳しい小島ファッションマーケティング代表の小島健輔氏が明かす。

叩き売りか、持ち越しか… photo/iStock
 

「持ち越したい」アパレル事業者の本音

シーズン中に売り切ろうとすると3割引、5割引と値引きを繰り返し、コロナ禍の過剰在庫は6割引とか7割引まで叩き売られるケースもあったが、翌シーズンに持ち越せば知らぬ顔で定価販売も可能だから、できることなら持ち越したいのがアパレル事業者の本音だ。

コロナ禍の今シーズンに限らず、これまでもアパレル事業者は調達数量の10〜30%を持ち越して来たし、アパレル事業者に委託されて商品を開発・調達しているOEM(受託生産)業者や商社もアパレル事業者の未引取在庫を大なり小なり持ち越している。

私は15年以降、年間に消費者が購入する数量より業界が持ち越す売れ残り数量のほうが多い過剰供給の実態を幾度も指摘してきたが業界の体質は改まらず、コロナ禍で業界まるごと破滅の瀬戸際に追い詰められている。

8月6日に本サイトに寄稿した『アパレルの「売れ残り」、実は「大量廃棄」されてなかった』で詳しく説明したように、売れ残り在庫は翌シーズンに持ち越され、それでも売れ残った在庫が処分業者に放出されるのが一般的だ。