photo by istock

1万円で肉が8キロ…12月の「駆け込みふるさと納税」おすすめ品「全実名」を公開!

「ニコニコエール品」が毎日追加

いよいよ今年も残すところ3週間、ふるさと納税の手続き期限が近づいてきました。納税の申込は12月31日の23時59分まで、「ワンストップ特例制度」の申請書は2021年1月10日必着ですが、自治体によっては年内最終申し込み日やワンストップ特例制度を使う場合の最終申し込み日が異なることがあります。

年の瀬は何かと忙しく、せっかくの活用チャンスをみすみす逃したり、ワンストップ特例の書類送付を忘れて確定申告せざるをえなくなったりする方が多発します。今の時期から、最後の「駆け込み」に向けて準備をしましょう。

2019年の6月にはふるさと納税の大きな制度改正がされ、全ての返礼品は地場産品、還元率を3割以内とし、商品券などの金券類や電化製品、アクセサリーといった換金性が高いものについては返礼品としないこととなり、返礼品の量や寄附金額が大きく変わることになりました。

photo by istock
 

米の場合、制度改正前は1万円の寄附で20キロもらえる自治体もありましたが、現在では、1万円の寄附でもらえる量は12キロくらいあれば多い方でしょう。20キロの米をもらう場合は2万4000円~3万円が相場と、目減りしてしまいました。

それでも、まだまだ見逃せないお得な返礼品は多いです。その代表格が、新型コロナウイルスの影響で困っている生産者を支援するために作られた、期間限定の返礼品「ニコニコエール品」です。ふるさと納税ポータルサイトの先駆け的存在「ふるさとチョイス」をはじめ、さまざまサイトで特設ページが組まれています。

このニコニコエール品は夏の時期からすでにありましたが、年末に向けて毎日返礼品が追加される予定です。どのような品物が出てくるのか、こまめにチェックしましょう。

それでは、ニコニコエール品を中心に、おすすめの返礼品を紹介していきます。定番のお肉や魚介から、お歳暮に使えるようなものや「おせち」まで、今までまったくふるさと納税をしたことがなかった方も、「最後の1品」をどれにするか迷っている方も、是非参考にしていただければと思います。