〔PHOTO〕iStock

怖すぎる実話…「変死と自殺が相次ぐマンション」、そこで起きた「おぞましい事件」

忌まわしい場所の記憶

怪談社は、糸柳寿昭と上間月貴の両氏を中心に怪談実話を蒐集し、トークイベントや書籍の刊行を行う団体だ。その二人が全国各地の忌み地、いわくつき物件を中心に取材。その情報を作家・福澤徹三氏が書き起こしたのが、怪談実話集『忌み地』『忌み地 弐』(講談社文庫)である。同書から選りすぐりの怪談実話をお届けする。

〔PHOTO〕iStock
 

瑕疵店舗

今年の四月上旬、糸柳は大阪で不動産会社を経営しているF谷さんに逢った。

F谷さんとは、糸柳が関西に住んでいた頃からのつきあいで、怪談社の活動も知っているから、そういう話をしても支障はない。

今回は仕事で上京したというF谷さんに、糸柳は本書の企画を話して、

「なにか怖い物件とかないですか」

「幽霊がでるって物件は聞かんけど、なにをやってもうまくいかん物件はありますね。ほらM島さん、知ってるでしょう」

M島さんも大阪で不動産会社を経営していて、糸柳とつきあいがある。M島さんはそれが営業方針なのか、いつも安い物件ばかり購入する。

あるときM島さんは、破格の価格で売りにでていた中古マンションの一室を購入した。その部屋は知人の老婦人に貸したが、まもなくクレームをつけてきた。

階段をのぼりおりする音がうるさいとか、上の部屋の住人が夜中に騒ぐとか、ふつうのクレームもあったが、

「冬なのに大きな蠅がいる。夜になると、ベランダから男が覗くっていうんです」

M島さんが状況を確認しにいくと、蠅も不審な男もいなかった。

老婦人はぜったいにいると譲らなかったが、証拠もないのに対応はできない。クレームを放置していると、老婦人は腹に据えかねたようで二ヵ月ほどで退去した。

編集部からのお知らせ!

関連記事