不倫している夫と、その関係に悩む妻一見よくある不倫ストーリーに見えるが、マンガ『インザハウス』は、なんと「夫の不倫相手が家に引っ越してくる」新しい家族の物語である。

新築戸建てに越してきた主人公、橙子たち瀧澤家。一家は6人家族だったが、不慮の事故で義父母を亡くし4人家族になっていた。いままであった「家族」のカタチがなくなり、「母」としての自分にも自信をなくす橙子。

(C)小宮みほ子/『インザハウス 』講談社

第一話は、夫の不倫に気付きながら別れる決意ができなかった橙子が、子どもの一声で夫の不倫相手と同居するところから始まる。そこに現れる不可思議な青年ナガイも一家に加わり、第二話からは新しい6人の共同生活がさらに混乱していく…。続く第三話、なぜか夫の不倫相手を隣の部屋に住まわせてしまい悩む橙子と、不穏な動きをするナガイ。その後、一家はどうなっていくのか…?

家族とは何かを問いかける作品

『インザハウス 』は、まったく血縁関係のない他者――しかも夫の不倫相手を家族に受け入れるという、多くの人が驚く設定だ。この作品の見どころ、注目ポイントを担当編集者に聞いた。

[担当者からのオススメコメント] 夫の愛人との同居、というタブーに近いテーマを扱いながらも、それぞれの立場を単純な善悪で描くことなく、家族とは何か、人と繋がる意味とは何かを真摯に問うた作品です。ときおり挟まれるクスリと笑えるシーンも、この作品の読み味を深く、そして豊かにしていることと思います。ぜひ、ご注目ください。

第1巻1話から読みたい方はこちらをクリック

最新刊 4巻を読みたい方はこちら!↓

(C)小宮みほ子/『インザハウス 』講談社

1巻丸ごと読みたい方はこちら

(C)小宮みほ子/『インザハウス 』講談社