爆発したタンクとみられる一部/photo by gettyimages

870万リットルの蜜が街を飲み込んで…世にも不思議な「ボストン糖蜜災害」の悲劇

さかんに作られていた糖蜜が…・

ここ数日、日本列島では冬らしい冷え込みが続いているが、緯度の高い北米の冬の寒さは耐えがたいものがある。

今からおよそ100年前の1919年1月15日、アメリカマサチューセッツ州ボストンにて「世にも奇妙な」事件が突如として起こった。それは決して笑い話ではない。死者21名、負傷者150名以上を出した、後に「ボストン糖蜜災害」として語られる大惨事だ。

ボストン糖蜜災害/photo by gettyimages
 

名門大学の学生街としても知られるマサチューセッツ州・ボストン。コマーシャル・ストリート529番地には、高さ15メートル直径27メートルという巨大な鋳鉄製の糖蜜貯槽が配置されていた。これは「ピュリティ・ディスティリング・カンパニー」という製造業者の管理する貯蔵槽だった。

ボストンでは当時、糖蜜の製造が盛んだった。糖蜜とは砂糖などを精製する際に副産物として発生し、発酵させエチルアルコールを回収しラム酒などの酒類の原料になったり、料理、お菓子作りに使われたりするどろどろした液体である。

文字通り、それは甘いシロップそのものであり、凶暴なイメージはない。しかし、水とは違う質量を持った糖蜜が約870万リットルも突如として流出すれば、付近にいる人間はもちろん堅い建造物でさえひとたまりもない。

だが、1月15日の12時30分ごろ、その巨大貯槽は突然破裂した。マシンガンのように鉄のボトルが次々と飛び散り、中に入っていた大量の糖蜜は時速約55キロメートルの速さで流れた。最大高2.5メートルの巨大な波となり、瞬く間に町中を覆った。

ボストンの街を、シロップの津波が襲う。街は腰の高さまで糖蜜に埋まり、次々に家屋、建築物などを破壊し、人々は溺れ、破壊された家屋の下敷きとなっていった。当時の証言によると、まるで地鳴りがするかのような大きな音が鳴り、地面は揺れたという。