報道でもYouTubeでも高評価の「斎藤ちはるアナ」が多彩すぎる

「足パカ動画」も話題?

玉川徹氏にも物怖じせず

入社2年目で次世代エースとして期待されているのは、テレビ朝日の斎藤ちはるアナ。

斎藤ちはるアナ

学生時代にアイドルグループ「乃木坂46」の第1期メンバーとして活躍し、鳴り物入りで入社すると、その初日から朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』に宇賀なつみアナの後任として、第2代アシスタントに抜擢される異例のデビューを飾った。

「1年目は右も左もわからない状態でレギュラー番組を任され、しばらくは“置物”のような存在でほとんどしゃべらない日もありました。しかし、最近は番組の名物コメンテーターで、同局の玉川徹氏の振りにも物怖じせず発言を返せるようになり、成長ぶりを感じさせています」(芸能ライター)

今では『モーニングショー』のほかに教養バラエティ番組『林修の今でしょ!講座』など3つの番組を担当する斎藤アナは、テレ朝の女性アナウンサーが様々な企画に挑戦する公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』でも注目を集めている。

 

同チャンネルは、先輩の三谷紬アナがダイエット企画で一躍注目され人気コンテンツになったが、そのライバルとして競い合っているのが斎藤アナの企画だった。

「今年春に同期の下村彩里アナと乃木坂46のシンクロニシティを本気で踊るダンス動画は、練習編と本番編合わせて再生回数は282万回を超えています。これで斎藤アナの人気に火がつくと、毎週宅トレYouTuberを呼んでフィットネスに挑戦する企画も再生数を稼ぐコンテンツになりました」(女子アナウオッチャー)