〔PHOTO〕Gettyimages

ドイツ「ロックダウン」12月20日まで延長で何が起こっているか

次にくるのは増税か、緊縮財政か…

期間延長で何が変わるか

ドイツは、11月中、部分的ロックダウンが掛けられ、飲食店やホテル、スポーツ施設、劇場、コンサートホールなどもすべて閉鎖されていた。空いているのは店舗、学校と幼稚園、保育園など。しかしその店舗も、お客の人数制限をしなければならないのでガラガラ。

今年は、春のロックダウンの打撃で多くの業種がすでに体力を消耗している。そこで夏の間、感染者が再び増えることのないようにと、皆、必死で厳しい衛生基準を守り、売り上げも少し持ち直した。コンサートなども、客席を減らしてではあるけれど、徐々に可能になっていた。

だから、10月終わりに陽性者の数が急に増えて、11月のロックダウンが決まった時は衝撃が走った。とはいえ、当初は4週間の予定だったので、まだギリギリどうにかなるかと、皆が12月に希望を繋いだ。12月はクリスマス前なので、年で一番の稼ぎどきだ。

〔PHOTO〕Gettyimages

ところが11月24日、メルケル首相が各州の首相とともに、少なくとも12月20日までロックダウンを延長することを決めた。それも、12月は規制の内容がさらに厳しくなる。クリスマス商戦に期待していた飲食業、観光業は、死刑判決を下されたようなものだ。

ドイツの新規陽性者数は、現在、1日2万人前後。これは、ロックダウンをかけ始めた11月初旬とまるで変わっていない。増えなかったから、ロックダウンは効果があったとみるべきか、減らないから効果がなかったとみるべきか、そこら辺がまるで説明されず、規制だけが強化されている状況に、国民の不満が募っている。

11月と比べて、12月のロックダウンで何が変わるかというと、自宅で集まれる人数が、これまでの10人から、2世帯計5名となる(子供はその数に入らない)。そして、恒例の12月31日の花火も禁止。

学校は引き続きコロナ・モードでやるが、感染者の多い地域では、7年生以上は授業中もマスク着用が義務に。また、クリスマス休暇は前倒しにされ、子供たちはクリスマス前の3~4日、自宅待機。休みになってすぐにクリスマスで祖父母に会ったりすると、コロナウイルスをばら撒く可能性が高いからだという。

〔PHOTO〕Gettyimages

なお、マスクも、これまでのように店内だけではなく、店外や外の駐車場まで義務となる。そして、店のお客は20㎡あたり一人まで。店の外で行列ができれば、そこでもマスク着用義務。飲食店の閉鎖もつづき、12月20日までテイクアウトのみ可。ホテルは出張以外は宿泊禁止。

ただ、ドイツのクリスマスは日本のお正月と同じで、日頃離れている家族が集まる一大イベントなので、いくら何でも2世帯5名はありえないと、クリスマスイブから1月1日までの1週間だけは例外として、10人までOKにするという。

 

しかし、それについても、現在、大揉めとなっている。緩和すると決めた政府と、そんなことではまた感染が急拡大するから緩和すべきでないという人たちが、激しく対立している。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら