提供:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

自動車を運転するときに、一番大切なことは“安全運転”。一人ひとりが意識することで、事故のない交通社会を実現したい。自動車保険を選ぶことも、平和な交通を叶えることにつながる第一歩です。

必要不可欠な保険だからこそ
自分に合ったものを選ぶ。

見守られている安心感と、財布に優しいお得な保険料。最新技術を利用した新しい自動車保険は、安全・安心な交通社会を実現する第一歩となる。

ドライバーにとって、自動車保険は必要不可欠なもの。万が一の事故のために必要な出費だが、これまでの自動車保険は、補償内容や事故履歴、ドライバーの年齢によってあらかじめ保険料が決められていることがほとんどだった。もしも安全運転をすれば、その分保険料が安くなる仕組みなら、ドライバーにとってどうだろうか。安全でお得、まさに一石二鳥。それを叶えるのが最先端のテレマティクス技術を使った、あいおいニッセイ同和損害保険の「タフ・見守るクルマの保険プラス」 だ。(※1)
※1「ドライブレコーダーによる事故発生の通知等に関する特約」および「運転特性情報による保険料算出に関する特約」がセットされた個人総合自動車保険のペットネーム。

テレマティクスとは、遠隔通信を意味するTelecommunicationと、情報工学のInformaticsを掛け合わせた言葉。通信型ドライブレコーダーなどの端末から自動車の走行データを取得し、様々なサービスを提供することを意味する。

走行距離、走行時間帯、運転の特徴などをリアルタイムで取得することができ、さらに渋滞や天気などの運転に役立つ情報と組み合わせることで、運転状況や環境に応じたサービスを受けることが可能になる。自動車の技術革新はめざましく、コネクティッドカー(つながるクルマ)も普及が進んでいる。こうした技術の進化を取り入れたのが、テレマティクス自動車保険だ。

通信型ドライブレコーダーを通して、危険運転にはその場でアラートを鳴らす。運転後には運転技術の評価が送られてくるので、自分の運転を振り返ることができる。ドライバーが、改めて安全運転に対しての意識を高めることができる仕組みだ。実際にテレマティクス自動車保険には、どれほど安全運転促進効果があるのか。従来の自動車保険と比較すると、テレマティクス自動車保険の導入によって事故の発生頻度が約20%低減したというデータがある。(※2)
※2 2020年3月同社調べ。従来の同社自動車保険とテレマティクス自動車保険を比較。

あいおいニッセイ同和損保は、 テレマティクス分野のパイオニアとして、いつの時代も新しいサービスを提供してきた。2004年には日本発の実走行距離連動型保険「PAYD」を発売。2018年にはトヨタのコネクティッドカーを対象に、安全運転の度合いを保険料に反映する日本初のテレマティクス自動車保険「タフ・つながるクルマの保険」(※3)を発売。
※3「車両運行情報による保険料精算に関する特約」がセットされた個人総合自動車保険のペットネーム。

2020年には、専用のドライブレコーダーを取り付けることで、より多くの車種でテレマティクス技術によるサービスと、安全運転の度合いによる保険料割引を受けることができる「タフ・見守るクルマの保険プラス」を発売した。さらに2021年1月からは、月額わずか100円の特約保険料を上乗せすることで、安全運転をすれば次の契約の保険料が最大8%割引される「タフ・見守るクルマの保険プラスS」(※4)を発売する。
※4「運転特性情報による保険料算出に関する特約」に加え「事故発生の通知等に関する特約」がセットされた個人総合自動車保険のペットネーム。

こちらの商品は、スマートフォンと専用の簡易端末を接続することで、より手軽にテレマティクスサービスを受けることが可能だ。これからも自動車事故や、高齢ドライバーの問題など、地域における交通課題を、最先端テクノロジーを使って解決することを目指す。

自動車保険といえば事故後に必要になるものだったが、このテレマティクス自動車保険は事故を起こさないことを目指している。保険料を抑え、安全な社会に寄与する。自分のためにも、社会のためにもなる保険を選んでみるのはどうだろうか。

事故防止に貢献。
テレマティクス自動車保険
「タフ・見守るクルマの保険プラス」

安全運転でお得に

専用のドライブレコーダー等で計測された運転特性をもとに安全運転スコアを算出する。運転特性とは、速度超過、急アクセル、急ブレーキの発生頻度に基づくもの。100点満点で評価し、80点以上をA区分、60~79点をB区分、59点以下をC区分とする。安全運転のスコアに応じて、継続後の契約の保険料が決定。A区分であれば、運転特性割引は8%の割引、B区分であれば4%の割引が適用される。安全な運転をするほど、保険料が安くなる仕組みを実現。

家族のこともお任せ

社会問題にもなっている高齢ドライバーの運転。地方など公共の交通機関が少ない場所では、どうしても運転が不可欠になっている実情もある。離れて暮らす家族の運転について、心配している人も多い。この「見守りサービス」では、事故が起きた際に、家族にメールが届く。事故発生の事実や怪我、救急搬送の有無を知らせてくれる。いざというときに、いち早く情報共有できることは家族にとって安心につながり、心強いサポートになる。

運転を診断、評価

走行が終了すると1回ごとに、運転レポートが届く。速度超過や、急アクセル、急ブレーキの運転特性をA~Cの3段階で評価。診断結果に基づいた具体的なアドバイスももらえる。また走行ルート上に、危険な運転を感知した場所をマーク。事故を起こしやすい場所をあらかじめ確認できる。また1ヵ月に1度は月間運転レポートが届く仕組み。月間の総合評価を100点満点で採点。運転を振り返ることで、運転技術の向上と安全運転への意識を高めることができる。

安全運転支援アラート

事故に繋がりやすい運転があったときに、注意喚起するアラート機能を搭載。スピードの出し過ぎや、急発進、急ブレーキなど、危険な運転をドライブレコーダーが感知すると、アラートが鳴る仕組み。運転技術に不安がある初心者ドライバーはもちろん、運転に慣れている人も万が一の事故を事前に回避できる機能になっている。最近、増えている高速道路逆走の際の注意アラート、指定区域外走行アラートは、業界で初めて採用された。

緊急時の対応

ドライブレコーダーが大きな衝撃を検知すると、自動でコールセンターへ通知される「事故緊急自動通報サービス」。その後、専任のオペレータから安否確認コールがある。事故映像は、ドライブレコーダーから自動で送信されるので、オペレータは状況を的確に判断。事故の際に焦ってうまく説明できない、何度も同じことを説明しなくてはいけないなどの事案を回避できる。オペレータは、初期対応についてのアドバイスや事故処理の手配をしてくれる。

AIによる事故解析

万が一、事故が起きてしまったときにも最新のテクノロジーが大活躍。ドライブレコーダーは車のエンジンが起動している間、常に映像を録画している。自力走行が不可、困難と思われる程度の衝撃を感知すると、その前後15秒の映像が記録され、自動送信される。AIがその映像から、相手車両の速度などの事故状況を解析することで、迅速で適切な事故解決が可能に。公平で正確な、事実に基づいた責任判定のサポートをしてもらえる。


【お問い合わせ】
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

提供:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

●情報は、FRaU SDGs MOOK Money発売時点のものです。
Illustration : STOMACHACHE. Text & Edit : Saki Miyahara