Photo by supakritpumpy/iStock

【12月18日開催】無料オンラインイベント「今知りたい、ウイルスと免疫の話」

本イベントは好評のうちに終了しました

ご参加いただきました皆には、お礼を申し上げます

ウイルス学者と免疫学者が新型コロナウイルスを語る

12月18日(金)に開催される無料オンラインイベント「科学道100冊 2020-今知りたい、ウイルスと免疫の話」(主催:科学道100冊委員会〔理化学研究所・編集工学研究所〕)にブルーバックスの著者・武村政春さんが登壇されます。

「科学道100冊 2020-今知りたい、ウイルスと免疫の話」
項目 詳細
【日時】 2020年12月18日(金)18:00~19:30
【登壇者】 武村政春(東京理科大学教授/ウイルス学者)
小安重夫(理化学研究所理事/免疫学者)
【主催】 科学道100冊委員会(理化学研究所・編集工学研究所)
【対象】 中学生以上
【参加費】 無料
【視聴方法】 事前申し込み制(先着450名)

ウイルス側から世界を眺める武村博士と、人体の側から感染症を研究する小安博士。真逆の立場から「ウイルスとは何ものなのか?」「感染症はなくならないのか?」など、意見交わし合う、貴重な機会です。
 
参加は無料です(事前申し込みが必要)。ぜひお気軽にご参加ください。

イベントの詳細・参加申し込みはこちらから
 →https://kagakudo100.jp/articles/2020event

 

 武村政春さんの最新作はこちら! 

細胞とはなんだろう
「生命が宿る最小単位」のからくり

人体37兆個、すべての細胞内でドラマが起こっている! そして、侵入者=ウイルスの視点から見てみると…? 生命観がガラリと変わる!