〔PHOTO〕iStock

住宅ローンで不動産投資をして「自己破産」…そんなケースが後を絶たない理由

それ、実はやっちゃいけないんです

秋山裕樹さん(仮名・33歳)は、不動産コンサルタントBに住宅ローンで投資用のマンションを購入することを勧められた。自己資金はゼロでOK、サブリース会社と呼ばれる企業が35年一括で借り上げをしてくれるので家賃滞納の可能性はない、ローンの支払いが終わった後は家賃収入を老後資産に充てられる――そんな「うまい話」に乗って、2800万円の住宅ローンを組み、不動産投資に踏み切った。

しかし、じつは住宅ローンで不動産投資をすることは「ルール違反」。借り入れを行なっていた金融機関から「ローンを一括返済せよ」と迫られ、結局、自己破産を選ぶほかなくなってしまった。同じような問題は多数起きている。いったいなぜダマされる人が後を絶たないのか。

【前編】「年収450万の33歳男性が「不動産投資」で自己破産…その「ヤバすぎる末路」」はこちらから

〔PHOTO〕iStock
 

住宅ローンで投資をしてはいけない

こうした不正が起きてしまうこと、またダマされる人が後を絶たない大きな理由の一つは、

「住宅ローンを組んで不動産投資をしてはいけない」

ということの重要性がしっかりと認識されていないという点にある。

不動産投資は本来、「不動産投資ローン」という形式のローンを利用して行うものだ。

一般的に不動産投資ローンよりも低金利なのが住宅ローンだ。当然ながら、低金利でローンを借りられるほうが、投資利回りは上がる。そして住宅ローンはフルローン(物件の全額分のローン)で組めるというのも今回の問題がおきたポイントだ。

では、「住宅ローンで不動産投資をしてはいけない理由はなにか?」

まず、大原則として、住宅ローンは、「本人または家族が住むための家」に対して融資されるものである。そのため、原則1人1期間までで複数組むことはできない。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/