大崎病院東京ハートセンターHPより

「10億円横領」元日航CAセレブ妻の病院で起こっていた「院内感染騒動」

一歩間違っていれば患者の命に関わる

警視庁捜査2課は12月1日、医療法人「一成会」の元理事、遠藤容子容疑者(63)らを3億円を着服したとして業務上横領容疑で再逮捕した。容子容疑者は元JALのCAで、夫は夫は一成会元理事長の遠藤真弘・東京女子医大名誉教授(78)。容子容疑者は、先月10日に1億3000万円を着服した容疑で逮捕・起訴されている。
警視庁は、背任容疑での立件も視野に入れて捜査していたが、今回も、前回と同じ業務上横領容疑での再逮捕になった。横領額は最終的に10億円に上る見通し。容子容疑者は現在、警視庁管内の留置場に勾留中という。(文中敬称略)

「物凄い買い物をする女」

容子は着服した資金を別の医療法人「冠心会」(遠藤真弘元理事長。容子は冠心会元常務理事)の運転資金やシャネルなどの高級ブランド品の購入に充てていたと見られている。一成会、冠心会とも経営破綻し、現在、民事再生中。

懇親会にも多く顔を出した容子容疑者
 

捜査関係者によると、2017年6月から12月にかけて、容子は、一成会から自分名義の口座に2395万円送金したほか、高級ブランドメーカー、カルティエなどを傘下に置くリシュモン・ジャパンの預金口座に1468万円、シャネル名義の口座に2600万円送金していたという。

「容子は、海外ブランドだけでなく、国内でも、三越などのデパートで高級品を大量に購入。デパートの外商担当者の間では“物凄い買い物をする女”ということで以前から有名でした」(医療関係者) 

別の医療関係者も、次のように言う。

容子はブランド品が大好きな見栄っ張り。自分に強いコンプレックスを持っていて、学歴については東海大卒と言っているのを聞いたことがあるが、実際は専門学校の卒業だった。彼女は自分をよく見せるために平気で嘘を言う人。周囲は彼女の言うことをまったく信用していなかった」