FNS歌謡祭を前に、ENHYPENの7人を知ろう!

日本人メンバーのニキも注目のENHYPENは、本日放送の『2020 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)に出演予定。また、彼らのデビューに密着した特番『ENHYPEN & Hi』の最終回も本日20時半からABEMAで配信予定だ。

“第2のBTS”を目指して結成されたENHYPEN。この勢いだと、あと何年かしたら本当にその目標を達成してしまうかもしれない。

-AD-

最後に、ENHYPENの各メンバーについて紹介したい。

●ニキ(14歳、日本出身)

ニキ〔PHOTO〕BELIFT LAB公式Twitterより

3歳からマイケル・ジャクソンのダンスを真似して独学でダンスを学び、5歳から本格的にダンスとバレエを学ぶ。一番得意なジャンルはヒップホップ。ここ最近、身長がかなり伸び(14歳なのに、おそらく180cm近い)、男っぷりをさらに上げていると評判。

●ジョンウォン(16歳、韓国出身)

ジョンウォン〔PHOTO〕BELIFT LAB公式Twitterより

元テコンドーの選手で、ダンスの実力者。笑うとできるえくぼがチャームポイント。メンバーの中では下から2番目の年齢ながら、他者を尊重する人間性と落ち着きから、事務所とメンバーたちの意向でリーダーに選ばれた。

●ヒスン(19歳、韓国出身)

ヒスン〔PHOTO〕BELIFT LAB公式Twitterより

歌にもダンスにも秀で、練習生の頃から実力者として有名だった。グループの中でもセンター的ポジションを担う。練習生期間が3年1カ月と長く、グループの中で最年長。若きリーダーのジョンウォンを積極的にサポートしている。

●ソンフン(18歳、韓国出身)

ソンフン〔PHOTO〕BELIFT LAB公式Twitterより

元フィギュアスケート選手で、国際大会で数々の入賞経験がある。2年前にBTSのライブを観て、KPOPアイドルになることを目指すように。フィギュアで鍛えられた体幹で難易度の高いダンスも華麗にこなす。王子様のようなルックスであることから、「氷の王子」の異名をもつ。

●ジェイ(18歳、アメリカ出身)

ジェイ〔PHOTO〕BELIFT LAB公式Twitterより

何事にも全力な一方、空回りしがちで、『I-LAND』の中で数々の「黒歴史」(恥ずかしい瞬間)を生んだ。しかし、その不器用さが視聴者から愛され、人気者に。日本語を積極的に勉強しており、日本の番組で流暢なしゃべりを披露している。メンバーの「生活リーダー」を担当。

●ジェイク(17歳、オーストラリア出身)

ジェイク〔PHOTO〕BELIFT LAB公式Twitterより

練習生期間が9カ月と短いにもかかわらず、オーディションの中で一番大きな成長を遂げたとプロデューサー陣から評価された。陽気で優しい性格で、デビューアルバムの中では英語の語りを担当している。

●ソヌ(17歳、韓国出身)

ソヌ〔PHOTO〕BELIFT LAB公式Twitterより

昨年、大病により手術をしており、体力に自身がない中でサバイバルを勝ち抜いた。練習生歴が10カ月と短いにもかかわらず表情管理の天才で、天使のような微笑みが武器。メンバーたちに自撮りの指導もしている。