新築3LDKマンションを売って中古4LDKに引っ越し…年収750万男性の決断と失敗

SUUMO編集長が語る「家の売却術」

コロナの影響で、住環境の見直し機運は一気に高まっている。「突然のリモートワークで、部屋が足りない」「在宅時間が長くなり、日中の騒音が気になる」など家の買い替えを検討し始めた方もいるのでは。

家の売却にあたり、検討すべきタイミングや押さえるべき情報とは何か。陥りがちなミス、失敗例とあわせて、SUUMO(スーモ)編集長・池本洋一氏に聞いた。

池本洋一さん
池本洋一/リクルート 「SUUMO(スーモ)」 編集長
1995年リクルート入社。住宅領域にて編集を4年、営業を7年経験。2006年に首都圏『新築マンション』フリーペーパー地域版の創刊リーダーを務め、07年に『住宅情報都心に住む』編集長、08年に『住宅情報タウンズ』編集長に就任。11年より現職。19年よりSUUMOリサーチセンター センター長兼務。内閣官房 日本版CCRC構想有識者会議委員、経済産業省 ZEH(ゼロエネルギーハウス)ロードマップフォローアップ委員、国土交通省 良質住宅ストック形成のための市場環境整備促進事業 評価委員、環境省 賃貸住宅における省CO2促進モデル事業 評価委員 などを歴任。
https://suumo.jp/baikyaku/
 

住環境改善にまつわる「やってはいけない」

かつてマイホーム購入といえば、終の棲家を手に入れることだった。ただ現代においては、購入後の住み替えを前提に、不動産を資産として考える人が多くなっている。リクルート住まいカンパニーが2018年に行った「住宅購入・建築検討者調査」によると、住宅購入検討のために行動を起こした人のうち、約3割が持ち家を売却し新しい家の購入、建築を検討している。

家の売却を考えるきっかけには、「住環境を改善したいから」「売り時だったから」「財産整理・資金を得るため」の三大要因があると池本氏はいう。ではそれぞれで注意すべき点は何か。細かく見ていこう。

「今の家ではリモートワークができない!」という悲鳴は、コロナ禍で噴出した住環境改善ニーズの筆頭だろう。ほかにもご近所とのトラブル、騒音の悩み、子どもが大きくなって手狭になったなど、さまざまな理由がある。