Image by iStock

年収900万円の “真面目な夫” から娘を奪った不倫妻の「厳しい末路」

夫は絶望したが、その後事態が変わり…

前編はこちら → 夫が青ざめた、不倫がバレた “子持ちの妻” の「逆ギレ」と「ヤバすぎる行動」

元妻の紫織さんのアプローチがきっかけで交際に発展、結婚に至ったという孝志さん。結婚の翌年には娘の咲楽ちゃんも産まれ、仕事も順調。なにもかもが順風満帆で幸せな日々を送っていたといいます。

Image by iStock

しかし、妻の不倫発覚をきっかけにその幸せは脆く崩れ落ちました。パート先のオーナーとの不倫の証拠を突き付けたところ、妻は逆ギレして娘を連れて家出をしてしまったからです。さらに親権をめぐり、孝志さんにさらなる絶望が降りかかります。

【今回の相談者】
岡本 孝志(仮名、以下同。公認会計士 大手監査法人勤務35歳 年収900万円)
【家族構成】
岡本 紫織(派遣社員 37歳)
咲楽(3歳)

※以下でご紹介する事例につきましては、弁護士の守秘義務との関係で実際の事例が特定されることを避けるために、実際の事例での事実関係から一部変更しているものもありますので、予めご了承ください。
 

連れ去りで真っ先にやらなければいけないこと

孝志さんが相談に来られたのは、一方的に紫織さんが娘さんを連れて出て行き、別居開始して2か月後のことでした。

紫織さんにはすでに弁護士がついていて、協議離婚の申し入れがあったということでした。孝志さんのご相談は、「妻から子供を取り戻したい」というものでした。

ここで両親のどちらかに一方的に連れ去れられた子供を合法的に取り戻すために、配偶者がまずやらなければならない3つのことがあります。