令和の天皇陛下が126代天皇として皇位継承をしてから1年7ヵ月月。天皇皇后両陛下のお人柄は、そのお言葉や行動からもにじみ出て、私たちを魅了してきた。そんな両陛下に愛を注がれて育てられた愛子内親王が、12月1日、19歳のお誕生日を迎えられた。

2020年お誕生日ように撮影された写真。2009年動物病院で保護されていた愛犬「由莉」と 写真提供/宮内庁

雅子さまについては、漫画家で小説家の折原みとさんが多くの資料を読み、「漫画家が見た雅子妃」という連載でバッシングのことも含めて詳しく伝えてきた。メディアとしても、国民としても、雅子さまを苦しめてしまったバッシングから目を背けず、その背景をきちんと認識し、同じようなことを繰り返さないことが大切だと感じさせられる。

前回の記事では、雅子さま「心の病」に苦しんだ背景をお伝えした。今回は写真とともに愛子さま出産のときにさかのぼり、雅子さまを中心に、両陛下の愛子さまへの愛を振り返ってみたい。

ご成婚から8年目の出産

2001年12月1日午後2時43分。
まさに「待望の」赤ちゃんが誕生した。当時の皇太子殿下のご長女・愛子さまである。

2001年12月8日、愛さまを抱いて退院される雅子さま 撮影/JMPA

両陛下が結婚されたのが1993年6月9日のこと。皇太子殿下33歳、雅子さま29歳のときだった。今でこそ早いほうともいえるが、厚生労働省の「人口動態統計」によると、当時の結婚平均年齢は男性28.4歳、女性26.1歳(2019年は男性31.1歳、女性29.4歳)。結果、外交官として積み上げたキャリアを生かし、新しい皇室の形を作ろうとされていたそばから、雅子さまは「お世継ぎ包囲網」に悩まされることになってしまった。

1996年12月6日に行われた単独会見。ここで皇室の「新しい部分」や「自分らしさ」について発言をしただけでも、責められるような風潮だった 写真提供/宮内庁

妊娠・出産までの雅子さまのご苦労は、折原さんの連載第3回「漫画家も思わず涙…雅子さまを苦しめた『国家的マタハラ』」第4回「不妊治療に流産も…漫画家も絶句した、雅子妃出産までの『いばらの道』」に詳しい。
雅子さまは周囲のプレッシャーと不妊治療を含めたお世継ぎ問題とで苦しみながらも、無事に出産した。しかし産後2003年に帯状疱疹を発症、体調不良と闘いながらようやく2004年に専門医の治療を受け、同年7月に「適応障害」という心の病だと発表されたのだ。