写真/NiziUの公式Twitterより

NiziUは結局日韓アイドルの「いいとこどり」 芸能ライターが今後の活躍を大予想

日本のアイドルとは「決定的に違う」

NiziU、待望のデビュー!

デビュー前にしてNHK紅白歌合戦への出場が決定。プレデビュー曲の『Make you happy』のYoutube再生回数は日本の人口も超える1憶6000万回以上と、異例の早期大ブレイクぶりが話題となっている女性アイドルグループ・NiziU。韓国の大手芸能事務所が手掛ける初の日本人女性だけのグループということもあって、日本中から熱視線が注がれている。

が、韓国のアイドル事情は日本とは決定的に違う点がある。それは、パフォーマンス重視でそれぞれのキャラクター売りをほとんどしないこと。果たしてこの手法は日本で受け入れられるのだろうか。

実際、オーディションを終えて久々にメディアに登場したNiziUを見て、ファンからは「優等生でつまらなくなった。オーディションのときのほうが良かった」という声も聞かれる。そこで韓国事情に詳しい記者や、実際にNiziUをインタビューしたライターたちに取材をおこなった。そこから見えてきた、NiziUの活躍可能性指数とは……?

その前に、まずはNiziUというグループについて簡単に説明しておきたい。NiziUは韓国の大手事務所・JYPエンターテイメントの社長であるパク・ジニョン氏が、厳しいオーディションを経て選んだ9人の日本人女性グループだ

厳しいオーディションを経て選ばれた9人の女の子に誰もが夢中になった/NiziU公式Instagramより
 

「Nizi Project」と名づけられたそのオーディションの模様は、約1年に渡って逐一放送。「自分自身と戦って、毎日自分に勝てる人が夢を叶えられます」「肩の力を抜いても、十分あなたはすでに特別な子です」など、パク氏の胸に刺さる数々の名言が飛び出したこともあって、多くの視聴者が練習生たちに強く感情移入。熱く見守り、応援し、このオーディション自体が社会現象となったのだった。

そんな厳しいオーディションを勝ち抜き選ばれたのが、12月2日に晴れて正式デビューする9人というわけだ。メンバーそれぞれの性格、個々の魅力、そして心の強さや良さまでファンは知り尽くしていると言ってもいいだろう。