地球帰還まであと2日!「はやぶさ2」が成し遂げた「宇宙史」的快挙

生命の「由来」を知るための旅
林 公代 プロフィール

生命の進化と、「はやぶさ2」の挑戦は同じじゃないか

――映画ではリュウグウを旅しているように感じましたがリアルな映像化にご苦労もあったんですね。その後のミッションで、監督が一番驚いたのは?

上坂:2019年2月22日の第一回目のタッチダウン(着陸)です。実際に運用しているエンジニアに探査機の細かな姿勢制御について話を聞いて、かなりこだわって作りました。

――「はやぶさ2」は当初100m四方に着陸し砂を採取する設計だったのに、リュウグウ到着後に見つけ出したのは幅6m(半径3m)のごく狭い地域だったんですよね。

上坂:はい。はじめは20mのエリアを目指しましたが、最終的には6mになりました。しかも地球から「はやぶさ2」までは距離約3.4億km。通信で片道約15分かかるから、着陸直前は探査機は自律的に動かなければならない。60分の1秒単位という短い時間でエンジンを制御しながら、ある地点からある地点まで、プログラムに従ってぴったりと一発で動くんです。位置だけでなく微妙な探査機の姿勢も含めて。それを聞いた時に「すげー!」と思いました。

 

――1回目の着陸ではリュウグウの着陸場所の傾斜に合わせて、探査機のお尻をあげる「ヒップアップ」姿勢をとりましたよね。とても賢い探査機ですね。

上坂:1回目のタッチダウンの映像を見た津田プロマネが拍手してくれました。「上坂さん、これだよ!」と。彼もリュウグウで動く「はやぶさ2」を見たことはない。でも頭の中で描いていた動きと同じだったようです。その細かな動きや制御をぜひ見て欲しい。

――次の大きなイベントは2019年4月5日。「はやぶさ2」は銅の塊である衝突体(インパクタ)をぶつけてリュウグウに人工的にクレーターを作りましたね。

上坂:工学的には、インパクタを打つ時に、よく「はやぶさ2」がリュウグウの影に隠れることができたと思いました。インパクタはいったん切り離したら、止められない。切り離し40分後に中の爆薬がタイマーで自動的に爆発してしまう。ちょっとでも間違ったら、「はやぶさ2」に噴出物がぶつかってミッションが終わってしまう可能性もある。すごくうまくやったなと。

(c)HAYABUSA2〜REBORN製作委員会

――クレーター生成について、記者会見では「目隠しをして流鏑馬で的を射るようなもの」と表現していました。つまり針の穴を通すような精密さでインパクタを探査機から分離する。一方「はやぶさ2」は全速力で退避する。逃げるのが遅ければ「探査機が死ぬ可能性がある」という、極めてアクロバティックな運用で世界初の小惑星クレーター生成に成功しました。

上坂:そうですよね。その人工クレーター周辺に2回目のタッチダウンをするかどうか、その判断を巡ってはJAXAの中でも様々な意見の対立があったようです。それを作品の中でクライマックスに使わせて頂いて、「危険をおかすチャレンジは、僕ら生命がここまで進化して生きてきたことと同じじゃないか」という問いかけをしています。

――1回目の着陸がうまくいって、探査機は大量のサンプルを採取したとみられていた。つまり「お宝」をもっているのに、リスクをおかして2回目の着陸をするべきではないという意見があったようですね。

上坂:はい。でもチャレンジしなければ結果はありません。生命が生きていくことってそういう挑戦の繰り返しだったと思うんです。そういう考え方と被せて描いています。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/