# 税金 # GoTo

「GoToトラベル」を利用しまくっている人は、税務署に狙われているかもしれない…!

週刊現代 プロフィール

「一時所得には、50万円の控除枠があり、それを超えると確定申告を行う必要があります。50万円をオーバーした分に、50%をかけた額が課税の対象になるのです」

柴田さんのケースで言えば、柴田さんが受け取った70万円から控除枠の50万円を引くと、20万円。それに50%をかけた、「10万円」が課税対象になる。金額は大したことがないように思えるが、これを確定申告しなければ「脱税」と見なされてしまうのだ。

GoToトラベルは一泊の上限は一名あたり2万円だが、利用回数の制限はない。もし家族や友人の分まであなたが予約していたならば、その分だけあなたの所得と見なされてしまう。

photo by iStock

「GoToトラベルは、使っている人とそうでない人の差が激しい。20泊以上利用したという人はザラにいます。GoToトラベルだけで50万円以上の補助を受けている人もすでに出ています」(航空・旅行アナリストの鳥海高太朗氏)

そこにGoToイートも加わる。GoToイートは、ランチであれば一名500ポイント、ディナーであれば一名1000ポイントが付与される。一回あたりの上限は1万ポイントだが、こちらも利用回数の制限はない。

 

GoToトラベル同様、家族や知人との会食をまとめて予約していたら、馬鹿にならない額があなたの所得になってしまう。

気をつける必要があるのは、GoToキャンペーンだけではない。前出・落合氏が語る。

関連記事

おすすめの記事