# GoTo # 税金

「GoToトラベル」を利用しまくっている人は、税務署に狙われているかもしれない…!

旅行代金は半額になり、わずかな負担で高級和牛や毛ガニといった高価な品がもらえた。そんなあなたのもとに、ある日突然、税務署はやってくる。誰でもハマり得る、落とし穴が存在しているのだ。

GoToが「所得」だって!?

神奈川県在住の柴田隆文さん(仮名・58歳)は、今年7月から「GoToキャンペーン」を存分に活用してきた。柴田さんが話す。

「これまで『GoToトラベル』を使って、計20泊以上はしたと思います。妻と一緒に、普段は一泊二名で8万円といった箱根や熱海などの高級旅館を中心に利用しました。

photo by iStock

10月に『GoToイート』がスタートしてからは、そちらも使っています。トラベルでは約60万円、イートでも約10万円、総額で約70万円はトクをしたと思います」

だが、この柴田さん、ここでトクした分に税金がかかることを知らないようだ。大変なことになるかもしれないのに。

少しでもお得になるならと考え、「GoToトラベル」や「GoToイート」を利用している人は少なくないだろう。前者は、一泊一名2万円を上限に旅行代金の半額が補助される。

後者は購入額の25%が加算されたプレミアム食事券、あるいは予約サイトを通じて、一食一名あたり500~1000ポイントが付与される仕組みだ。しかし、実はここに落とし穴があり、いま多くの専門家が警告している。

「GoToトラベルの旅行代金の補助金、GoToイートのポイント給付などは、税制上、『一時所得』と見なされ、課税の対象になるのです」(税理士・落合孝裕氏)

 

嬉々として受け取っていた補助やポイントが、実は「所得」とされてしまうのだという。聞き慣れない言葉だが、「一時所得」とは、所得税の課税所得の区分のひとつ。

仕事の対価などではない、臨時的な所得のことを指す。元東京国税局調査官で、税理士の松嶋洋氏が話す。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/