photo by istock

「はやぶさ2」がついに帰還…宇宙開発で大注目を浴びる日本の「スゴい企業」の名前

今週の「AI株価予報」で読む

民間宇宙旅行がグッと近づいた

何かと気が重くなるニュースが続く2020年だが、近年世界的に停滞ぎみだった宇宙開発においては、大きく飛躍する出来事が立て続けに起こっている。

そのひとつが、民間企業による宇宙船開発だ。

11月17日には宇宙飛行士の野口聡一氏を乗せた宇宙船「クルードラゴン1号機」が打ち上げ成功、国際宇宙ステーションに到着した。同機はテスラのイーロン・マスク氏が経営するスペースX社製であり、今年5月に民間企業初の有人宇宙船打ち上げに成功している。

宇宙服も軽量なものに進化/photo by gettyimages
 

アナリストはこう言う。

「世界の宇宙開発をリードしてきたのはアメリカとロシアですが、特にアメリカは90年代以降、予算削減が顕著になり、2011年にスペースシャトル計画が終了してからはライバルであるロシアのロケットを使用している状況でした。今後、NASAは民間企業の宇宙船を使い、コストを抑えたうえで宇宙開発を維持する方針です」

スペースX社といえば、2023年の民間人宇宙旅行実現に向け、開発を進めている「最強の宇宙ベンチャー」だ。あの前澤友作氏が「月旅行」の予約をしたことも話題になった。生きているうちに、宇宙旅行にいく日が来るのかーー。2020年代の開発に、期待は大きく膨らむ。

もうひとつの宇宙開発の進歩は、惑星探査において日本が世界をリードする立場になりつつあることだ。