Photo by Getty Images

菅総理が青ざめる…安倍元総理の「復活と反撃のノロシ」が上がり始めた

安倍さん、そりゃないよ
先を読めない者は、永田町で生き残ることはできない。アンタの政権を、全力で支える―などと言う言葉を真に受ける無邪気な政治家は、いずれ、敗れ去る。ガースーもそれは分かっていたはず……(『週刊現代』2020年11月28日号より

安倍さん、そりゃないよ

(眠い……なんだか眠いんだ……)

このところ、最高権力者ガースーこと菅義偉総理は、疲労の極致に達している。

(尾身め……)

冬が近づき、日本でも新型コロナの感染者数が増え始めている。これに、政府の感染症対策分科会の尾身茂会長が、

「(再度の緊急事態宣言を)回避するためには今が非常に重要な時期」

「いま踏ん張らないと、もっと経済が抑制されることになってしまう」

などと、非常に強い懸念を示しているのだ。

Photo by Getty Images
 

菅はげんなりした。

(なぜもっと、忖度しないのか)

現在の菅の大目標は、コロナ対策と経済立て直しの両立である。感染爆発は困るが、かといって人の動きが止まって経済が崩壊すれば日本は立ち行かなくなる。

この難しいオペレーションを、やり遂げねば総理総裁としての自分のクビが危うい。そのため日々の言い回しにも苦労しているのに、尾身氏は菅の意向を忖度せず、コロナの危険を訴える。

菅はそれにイラついているのだという。