「高配当銘柄」で資産運用したいという人は多いが… photo/gettyimages

日本株市場、じつは「高配当株」を買ってはいけない…? その意外すぎる「真実」

定性的、定量的に徹底分析したら…

「バブル化」する株式市場

株式市場は、新型コロナウイルス(以下、コロナ)による感染拡大をまったく意に介さずに急騰を続けている。

景気の低迷が背景にある中で理論的な根拠を持たない高騰ということで、ほぼ間違いなくバブルといって相違ないと思われるが、バブルはいつ崩壊するかは誰にも分からず、また崩壊しないバブルもないことから、いつか発生するその惨事に備えておく必要はあろう。

株価はバブル化しているが… photo/gettyimages
 

そんな状況もあってか(無関係かもしれないが)、周囲から「高配当利回りの株を買うのはどうか」といった声が聞かれ、高配当株への興味は個人投資家を中心として依然根強いようだ。たしかに、配当利回りは定期利回り目的の投資家層の需給による底堅さが期待でき、何よりも配当そのものの下方硬直性(不景気でも下がりにくい性質)を持つため、長期投資や堅実なリターンを期待するならば手堅い一手のように思われる。

しかし、結論を言えば、高配当利回り株への投資は、今の株式市場の現状を踏まえると「最悪の愚策」であり、おすすめできない投資アイデアである。

配当利回りが高いからといって安易に手を出すと、思わぬ損失を被る可能性が高い。今回は、その理由について、定性面と定量面の双方から解説していく。

編集部からのお知らせ!

関連記事