photo by gettyimages

レディー・ガガ以上? 米国女性シンガーが「大胆ファッション披露」でファンがざわつく…

ファンの中でも賛否両論

11月22日、アメリカ・ロサンゼルスで、グラミー賞、ビルボード・ミュージック・アワードと並ぶアメリカの3大音楽授賞式のひとつ、アメリカン・ミュージック・アワード2020が開催された。

世界中が注目するなか、最優秀新人賞と好きな女性アーティスト賞(ソウル/R&B)の2部門で受賞を果たしたのが、いま最も期待を集める若手シンガーソングライター&ラッパー、ドージャ・キャットさん(25)だ。

ドージャ・キャット/photo by gettyimages

会場では新曲『Baby I’m Jealous』をエネルギッシュに歌い上げたが、ライブでの圧倒的なパフォーマンスより人々の関心を引いたのは、授賞式で着ていた2着のドレス。

1着目は、個性的なデザインで知られる『ヴィヴィアン・ウエストウッド』のドレス。大胆に開いた胸元から覗く谷間がセクシーで、アシンメトリーなシルエットの裾からは美しい脚をのぞかせている。

2着目も同じく、ブランドはヴィヴィアン。色の組み合わせは1着目と同じだが、こちらのデザインはさらに斬新。薄く透けた黒のシースルートップスからは、胸の形がはっきり見えている。

勢いに乗る彼女らしいアグレッシブなデザインのドレスだったが、どちらも前衛的すぎたのか、ファンの意見は賛否両論真っ二つ。Instagramにアップされた投稿には、「とってもゴージャスだ」「ヴィヴィアンなのね、素敵!」「可愛いわ」と褒め称える人もいれば、「彼女のことは好きだけど、このドレスはどうだろう……」「ちょっとユニークすぎるかな」「なぜ君はこれを選んだんだい?」と批判の声を上げる人も。

肯定派と否定派が互いにリプライをぶつけ合い、ヒートアップする事態となった。