テレビ朝日『ザワつく!金曜日』HPより

テレ朝「ザワつく!金曜日」が「イッテQ!」の視聴率を上回った仰天事情

一茂、良純、高嶋ちさ子のゆるさが良い

トップに躍り出た

長嶋一茂(54)、石原良純(58)、高嶋ちさ子(52)によるテレビ朝日のトークバラエティー『ザワつく!金曜日(ザワ金)』(金曜午後6時45分)が、1週間の世帯視聴率争いで初めてバラエティー部門のトップに躍り出た。

それは11月第2週(9日~15日)のこと。獲得した世帯視聴率は14.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。この週はトップの常連『ポツンと一軒家』(テレ朝系)の放送がなかったものの、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)や『笑点』(同)などの強力番組を上回った。

テレビ朝日『ザワつく!金曜日』HPより
 

11月第3週(16日~22日)は『ポツンと一軒家』に抜かれたものの、それでも13.8%で2位。悔しい思いをしている他局の番組制作者は少なくないのではないか。

というのは、特に工夫を凝らした番組ではないからだ。ご覧になっている人はご存じの通りである。出演陣の1人である良純ですら、この番組について、「何やってるのと言われると、何もやってないんじゃないの? とも思えるだよね。しゃべってるだけ(笑)」と説明しているほど*1

番組の企画はというと、ご当地カップラーメンやポテトチップスの食べ比べをしたり、スズメバチハンターの活躍や離島の高級寿司店などのVTRを眺めたりすることくらい。目新しさはない。あとは3人のフリートークである。

それでも高視聴率は不思議ではない。3人の話が抜群に面白いからだ。プロレス的な予定調和の世界に収まりがちな旧来のトーク番組とはまるで違う。