Photo by tommy / gettyimages

Twitterの「リツイート」からフェイクニュースを見破るには?

SNSの「空気」を数理的に解析する
私たちの社会には、はっきりと目に見えるわけではないけれど、誰もが存在を認める「空気感」とでも呼ぶべきものがあります。こうした世の中全体の集合的な感情を、Twitterやブログ記事を解析すれば読み取れるのではないか。これが筑波大学システム情報系の佐野幸恵助教の発想です。

SNS上を行き交う膨大な生データからノイズを取り除いて整理・分析し、その底流に潜む空気感を読み取る。さらにTwitterの投稿とリツイートの関係性を数理的に解析し、フェイクニュースを見抜く。最先端のネットワーク科学について佐野助教に教えていただきました。

ブログ記事から読み取れる社会の空気

——日本でTwitterがサービスを開始したのが2008年ですが、先生が研究を始めたのはいつ頃だったのでしょうか。

佐野 研究をスタートしたのは2007年で、当初の対象はブログ記事でした。そのころ日本ではブログが一種の日記帳としてとても流行っていて、記事を読んでいると、なんとなく世の中の動きがわかることに気づいたのです。

例えば12月になると「クリスマス」という言葉が、多くの記事で使われるようになります。仮に1万人分のブログ記事をチェックすれば、クリスマスに関心のある人がそのうちの何パーセントぐらいなのがわかる。これはすごいデータではないかと思いました。

実際に1万人と会って「あなたはクリスマスに関心がありますか?」などと聞いてまわるのは現実問題として難しい。ブログを解析すればその答えがわかります。しかもブログに記されているのは、アンケートの回答ではなく、書き手の率直な感情なのです。

佐野幸恵さん

——確かにブログを解析すれば、多くの人の気持ちがわかりそうですね。

佐野 ブログに書き込まれる言葉と現実の現象との関係を突き合わせてみると、より興味深い結果が明らかになりました。例えば夏なら「暑い」と書き込まれる回数と気温の上昇具合に相関関係が見てとれます。あるいは「ハロウィン」イベントが2007年ぐらいから社会現象化していきましたが、このトレンドと同調するように、ハロウィンに関するブログでの書き込みは年々増えていきました。

ブログを毎日チェックしていれば、「ハロウィン」などの言葉が書き込まれた回数を数値化できます。その推移をたどっていけば、世の中の空気の変化を読み取れる。ブログ記事なら、どういう文脈でどんな感情とともに「ハロウィン」が書き込まれたのかまで分析可能です。

——そのような研究に取り組まれたキッカケは何だったのでしょう。

佐野 企業でのSE職をやめて東京工業大学・社会経済物理学の高安研究室に入ったのが、ちょうどブログの黎明期でした。そこで企業からブログ解析の共同研究が持ちかけられ、私自身がブログを書いていたこともあって挑戦することになったのです。たくさんのブログを解析する研究は、私を「まるで新しい望遠鏡を手に入れたような気分」にしてくれました。これまでまったく見えなかった新しい世界が、一気に目の前に広がったのです。