# 女子アナ

年末に向けて大活躍の“鷲見玲奈アナ”に「2つの業界」が注目している

来年は大ブレイクの予感?

悪女役がネットで高評価

年の瀬が迫る中、引っ張りだこの活躍を見せるのは、フリーアナで元テレビ東京の鷲見玲奈アナ。

フリーアナウンサーの鷲見玲奈アナ

11月23日に開かれた、雑誌『GQ JAPAN』が選ぶ今年各分野で最も活躍した人物を表彰する「GQ MEN OF THE YEAR2020」では、プレゼンターに抜擢された。

「黒の艶やかなドレスで登場した鷲見アナは、抜群のスタイルが際立っており、インスタグラムに載せると〈セクシー〉や〈エレガント!〉のコメントが連発。普段からトレーニングで鍛えている成果が美ボディに表れていました」(女子アナウオッチャー)

翌日にもミニスカートのゴルフウェア姿を写真と動画で投稿すると、すぐさまネットニュースに取り上げられるのだった。

「鷲見アナの記事を載せれば話題になるのは間違いないので、ネットライターだけではなく、スポーツ紙のウェブ記事の担当者もインスタのチェックが欠かせなくなっています」(芸能記者)

 

フリー転向から1年も経たずにフリーアナ界のトップ戦線に踊り出た鷲見アナ。
その勢いは止まらず、積極的に新たなジャンルに進出。11月23日に放送されたドラマ型バラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)では“女優デビュー”を果たしている。

「再現VTRの中で演じたのは、本人がいない前で仲良くしている上司や同僚の悪口を吹聴し、自分の評価を上げる裏表のある悪女役。陰口を言う時の早口でまくしたてる様子は嫌な女そのもので、放送終了後はネット上で絶賛されていました。この番組は業界内視聴率も高く、ドラマ関係者がよく観ているので、本格的にドラマのオファーが届いても不思議ではありません」(前出・芸能記者)