「最も信頼おける言葉をもつ芸人」のひとり、フォーリンラブ・バービーさんによるFRaU web連載「本音の置き場所」(毎月1回更新)。11月4日には、連載を一冊にまとめた初エッセイ集『本音の置き場所』が発売されました。

誰もが抱えているモヤモヤについて、バービーさんが思っていることを自身の言葉で綴っている連載の最新回は「スピリチュアル」がテーマ。この言葉を聞くと、「ヤバイ」「危ない」「怪しい」などのイメージを持ってしまいがちですが、大学時代に遡り、バービーさんが本音をぶつけます!

バービー連載「本音の置き場所」今までの連載はこちら

スピリチュアルなものへのアレルギー反応

コロナの影響で、激務から解放されたとしても、人々はまだ疲れから抜け出せない。自粛疲れ、SNS疲れ、自己肯定感ブーム疲れ、新しいプレッシャーが次から次へと泉のように湧いて止まらない。私自身も今、各所で本音を言いすぎて少し疲弊している

「そんな時は、仏教楽器である金剛鈴やシンギングボウルを鳴らして邪気を払ったり、お香を焚いて気を浄化したりします」公の場でこういう風に言うと、本気で心配する人がいる。安心してください! バビたん宗教ハマっていませんよ! とにかく明るい安村さん風に言うと余計に怪しい。

-AD-

実際には、どんな宗教を信仰してもよいわけで、厳密には「宗教にハマってあなたに何か売りつけたりしませんよ!」なのだが、スピリチュアルがかったフレーズを言うと、人を化け物でも見るかのように、「怖い」「笑えない」とアレルギー反応を起こす人がいるのは事実だ。果てには「バービーは組織と繋がっていて国民を洗脳しにかかっている」という陰謀論までつぶやかれる始末。

特に今は、某フリーアナのワイドショー降板事件から、さらに「スピリチュアルはヤバい」とさらなる逆風が吹いている。

しかし、スピリチュアル=悪なのか。

写真提供/バービー