YOSHIKI ©Melanie Pullen
# 本 # 音楽

28年ぶりの写真集「XY」…今のこの時代だからこそ贈りたい、YOSHIKIスペシャルインタビュー

LAを拠点に、世界的なアーティストとして活動を続けているYOSHIKI。その28年ぶりとなる写真集「XY」が、自身の誕生日である11月20日にリリースされた。すでにメデイアでは、その「アート性」に、高い評価と絶賛の声が贈られているこの写真集「XY」について、YOSHIKI本人にインタビューを行った。YOSHIKIの今の思いや、世界に伝えたいこととは?

YOSHIKI
 

YOSHIKIが挑戦した、「写真集」というアート

“発売前重版”を成し遂げ、メイキング映像が動画サイトで話題になるなど、発売前から熱い注目を集めてきた「XY」。ロサンゼルスの歴史的建造物「パラモア・エステート」を舞台に、女性フォトグラファー、メラニー・プーレンが今のYOSHIKIを切りとった。すでにメデイアでは、その「アート性」に、高い評価と絶賛の声が寄せられている。

28年間のときを経て、なぜ今、YOSHIKIは写真集の制作に踏み切ったのだろう。

「この28年間、写真集のお話は実は何度もいただいていたんです。けれども僕は、あくまでミュージシャン。その気持ちが強く、なかなかハードルが高かったのですが、今回プロデューサーの方々から、非常に誠意のあるご提案をいただいたんです。とても夢のある、特別な作品だったことと、フォトグラファーや映像プロデューサー、スタイリストなど、ハリウッドの名だたるプロフェッショナルが集まっていたことで、写真集の制作を決断しました。

ただ正直、本当に出るのかな、と思ったことが何度もありました。僕はいい意味でも悪い意味でも、自分が存在していることがどこか現実的じゃないというか・・・。これまで破滅的な人生を歩んできたし、死に囲まれて生きてきたので、今起きていることは本当に実体験なのか、虚構なのか、つねに曖昧な感じ。そんな世界観があるので、写真集でも楽曲でも、実体として完成するまでは、いつも不透明かもしれません」