プラスチック製レジ袋の有料化にともなうエコバッグの持参を機に、身の回りのプラスチックごみに対する関心が高くなったという人も多いはず。それにより、プラごみを減らす工夫やリサイクル活動など、環境問題解決へつながる行動が私たちの生活に浸透しつつあります。そんななか、環境問題への意識が特に高い人たちの間で話題になっている優れたエコアイテムがあるんだとか。その何が一体スゴイのか? 特徴と魅力、使い方を料理研究家・松本有美さん監修の付録つきレシピブック冷凍の達人!ゆーママが教える“スタッシャー”で冷凍ミールキットより一部抜粋してご紹介します。

「スタッシャー」を知っていますか?

見かけたことのある方もいらっしゃるでしょうか。こちらの写真のアイテム、なんだかご存知ですか?

アメリカ・サンフランシスコで誕生し、日本にも一昨年に上陸したばかりのシリコンバッグ「スタッシャー」です。こちら、用途が実にいろいろな「最強のエコ・アイテム」として現在世界50ヵ国以上で販売され、人気となっています。特に、環境問題に対する意識の高いヨーロッパ各国、カナダ、オーストラリア、台湾、中国、シンガポールでは大きな市場を獲得しています。

日本でも知る人ぞ知るという存在から、レジ袋有料化にともなって海洋プラスチック問題に関心を持った人たちから支持を得ています。ローラさん、道端ジェシカさんなど、世界でそうした流れに触れている人々も使用し始めています

まずはこのスタッシャーの何が「最強のエコ・アイテム」なのかをご紹介します。

1)マイナス18℃から250℃までOK

冷凍・冷蔵用の保存容器として使えるうえ、電子レンジでもオーブンでも使用できます。電子レンジでの野菜の下ゆで、冷凍しておいた食材の解凍はもちろん、オーブンでは焼き豚やローストビーフ、ケーキなどのお菓子も作ることができます。

2)100%ピュアプラチナシリコーン製の食品用品質

天然資源のシリカ(砂)と酵素が原料の安心なクオリティです。食品はもちろん、子どもや動物にも安心して使えます。においや色もつきにくい素材なので、さまざまな用途に応用できます。

3)洗って何度も繰り返し使える!

使用後に洗って清潔に保てば、何度でも使えます。使い捨てのプラスチック製のジップ袋と違ってゴミを出しませんし、使い捨てないということで実はコストパフォーマンスがとても高いのです。食洗機を使うこともできます。

4)サイズも色も豊富で用途は無限大

調理用にはスタンドアップタイプ(冒頭で紹介したマチのあるもの)が便利ですが、S・M・Lとサイズは豊富に揃います色のバリエーションも多数あり、小物などを入れるポーチとしてもぴったりです。

5)プラスチックごみを減らすことができる

レジ袋を使うことをやめたなら、ジップ袋の使い捨てもやめませんか? 私たちの日常生活では驚くほど大量のプラスチックが使われています。いきなりすべてのプラスチック製品をなくすことは難しいですが、まずはできることから始めてみませんか?