photo by gettyimages
# YouTube

登録者数1.6億人超…「世界一のユーチューバー」を輩出した「意外な国」の名前

登録者数が増えるとできるようになること

11月23日、女優・本田翼が「配線弱者の気持ち」と題したyoutube生配信を公開、ネットの話題をさらった。

こちらの配信は「本田翼ちゃんねる」から行われており、チャンネル登録者は7万人弱。メインのチャンネルである「ほんだのばいく」は登録者数218万人と、日本でも指折りの人気コンテンツになっている。

自然体なトークが人気/photo by gettyimages
 

youtubeでチャンネル開設を行うと、登録者数に応じて徐々に「できること」が増えていく。たとえば、100人を超えると「カスタムURL」が設定できるようになる。最初、チャンネルのURLは末尾がランダムに割り当てられた意味をなさない文字列だが、たとえばhttps://www.youtube.com/channel/moneygendaiのように、任意のわかりやすいURLをつけることができる。

そして1000人を超えると、いわゆる「収益化」ができるようになる(他にも「有効な公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上」などの条件あり)。広告を掲載し、そこから利益を得られるわけで、youtuberとして生計を立てていくためはこの壁を突破することが最低条件になる。

ここから先、「有名youtuber」として認められた暁には、youtube側からもそれを証明する「賞品」が送られてくる。

チャンネル登録者数が10万人を超えると「銀の盾」がもらえるのは、ご存知の方も多いはずだ。ニッケルなどでメッキされ、チャンネル名がエンボス加工された盾で、「シルバークリエイターアワード」という正式名称がある。

この「盾」だが、さらに上位のものが存在する。次に、チャンネル登録者数100万人を超えるともらえるのが通称「金の盾」、金メッキの真鍮でできた「ゴールドクリエイターアワード」だ。

関連記事

おすすめの記事