2021年、いよいよ綾瀬はるかの「一人勝ち」時代がやってくる…?『ホリプロ3人娘』の今後

石原さとみは独立、深田恭子は結婚か?

平均視聴率は2ケタ台か

綾瀬はるか(35歳)が、来年1月期の連ドラ『天国と地獄〜サイコな2人〜』(TBS系)で主演を務めることが各局で話題となっている。

卓上 綾瀬はるか 2020年 カレンダー
 

「綾瀬と深田恭子(38歳)、石原さとみ(33歳)はみなホリプロに所属していて『ホリプロ3人娘』と称されています。

石原は7月から放送された『アンサング・シンデレラ』(フジ系)で、深田は10月から放送中の『ルパンの娘』(フジ系)で主演を務めました。続いて綾瀬が1月期に連ドラ主演を務めることで、誰がいま、一番視聴率を稼げるのかがハッキリします」(芸能プロ幹部)

放送前だが、「すでに勝負は決している」と見ている芸能関係者は多い。

「『天国と地獄』は、放送枠が『半沢直樹』と同じ『日曜劇場』な上に、脚本を『JIN−仁−』の森下佳子氏が担当しています。平均視聴率2ケタ台は固い。深田と石原のドラマは低調ぎみですし、綾瀬の圧勝となるでしょう」(同)