松屋南池袋店
# 外食

松屋が「過去最高売り上げ」からわずか1年で「赤字転落」したワケ

「吉野家」「すき家」と分かれた明暗

いきなり「一人負け」になってしまった

11月4日、牛丼チェーン「松屋」などを展開する株式会社松屋フーズホールディングスは2021年3月期の連結業績予想が26億円の赤字になると発表した。14年ぶりの赤字で、その額も過去最大となったため、市場に大きな衝撃を与えた。

それでは同じ牛丼チェーンの「吉野家」と「すき家」の売上も悪いかというと、必ずしもそうではない。松屋フーズホールディングスは通期で赤字が確定しているが、すき家などを展開する株式会社ゼンショーホールディングスは黒字の見込みだ。

また10月の全店売上高を見ると松屋は98.3%となっている一方で、同じく連結決算予測が90億円の赤字となる見込みの吉野家は102.7%までに回復。すき家も前年同月比106.5%なので、松屋が「一人負け」の様相を呈しつつある。

キャッシュレスや宅配への対応はチェーンのマスト案件になりつつある
 

しかし、松屋フーズホールディングスの2020年3月期の連結決算は大変好調な数字が並んでいた。営業利益は前期比で31%も増えて50億円となり16年ぶりの高水準になっただけでなく、売上高も1065億円を記録して過去最高をたただき出した。それがわずか1年足らずで大幅な赤字に転落したのだから、事態の深刻さが分かるだろう。

松屋の赤字の背景には、大きな時代の変化がある。松屋を中心に牛丼チェーン各社を分析しながら、その変化の全貌を解き明かす。

そもそも牛丼は、価格訴求性が強い業態だ。しかも松屋、吉野家、すき家と競合も多い。各社が限られたパイを巡って凌ぎを削っているため、10円値上げするだけでも他ブランドに客を奪われてしまう。

実際、2013年に米国産牛肉の輸入規制が緩和された際、牛肉価格の下落を見込んで、各社で壮絶な価格競争が繰り広げられた。吉野家が牛丼の並を280円で売り出したら、松屋とすき家は250円で販売をして対抗。しかし、円安の影響を受けて、予想以上に牛肉の価格が下がらず、大きな効果をもたらすことなく終わった。