Photo by iStock
# 週刊現代 # 生命保険

定年後に「いらない保険」を契約してしまう人を襲った「大後悔」

払った保険料のほうが多かった
定年とともに、入っていてた保険が満期を迎え、新たな保険の契約を検討しようとしている人は、慎重になったほうがいい。その保険、本当に必要な保険だろうか? 「死ぬまで安心」という誘い文句を鵜呑みにしてはいけない。専門家が警鐘を鳴らす理由とは。

「死ぬまで安心」という誘い文句に騙されて

65歳を超えると、これまで入っていた保険が満期を迎える場合が多い。保険外交員は『これまでの保険を担保に、新しい契約をしませんか』と営業をかけてきますが、この『甘い囁き』に騙されてはいけません」

Photo by Getty Images
 

こう警鐘を鳴らすのはファイナンシャルプランナーの黒田尚子氏だ。黒田氏は続ける。

先日来られた70代の男性はかんぽ生命の保険に加入しており、1~2年待てば満期保険金200万円がもらえる契約でした。案の定、この人の元にも保険外交員がやってきました」