現在、特別養子縁組に向けて待機している嶺かおるさんが、遠距離恋愛の末、12歳年上のパートナーと「事実婚」をしたのは34歳のこと。そして不妊治療をはじめ、一時休止を経て、治療開始から2年後の36歳で不妊治療を終了した。

お金と時間と労力とをかけてまで、なぜ自分たちは子どもを欲するのか…。自問自答を繰り返す嶺さんの思いの丈を綴るこの連載。第1回目は、生き方の多様性を求め、「事実婚」や「養子縁組」を選択するに至った過程を、第2回目は、病院で「夫の精子が少ない」と言われた日のことを綴っていただいた。今回は、2年の歳月を費やした不妊治療について、そして治療のための通院終了を決断した理由を振り返りますー

採卵は1回しかしないと決めた

34歳で結婚し、不妊治療を決断。その後、顕微授精を行っていくという治療方針を決めた際に、トビー氏(事実婚の夫・47歳)と1つ決めたことがある。それは治療を1ターンしたらそこで止めるということだ。1ターンとはつまり、最初の1回の治療で採卵できた卵子の個数に関わらず、とにかく採卵は1回しかしない、ということ。

Photo by iStock

当時、私が新聞やネットで読んだ不妊治療の体験談には必ずと言っていいほど、“妊娠に至らなくても「次こそは」と思って止められず、精神的に疲労すると同時に経済的な負担も大きくなった”というエピソードがあった。

そのため、治療は1ターン限りとして、それでうまくいかなければ、養子縁組を目指す方針に切り替えることを先に決めた。トビー氏の年齢は次のステップの養子縁組において赤寄りの黄色信号なのだ。(ここまで前回の記事の引用

不妊治療の開始にあたって気になったのは、当然ながら実際どのくらいの確率で妊娠に至るのか、という成功率だ。