photo by gettyimages

戦艦「大和」と同い年の技師が検証、その実力と生かせなかった理由

竣工8日前に日本自らが覆した海戦常識

1941年(昭和16年)の今日、史上最大の戦艦・大和が完成しました。その巨体はもちろんですが、46cm砲という主砲も、世界最大のスケールを誇りました。

しかし、残した戦果や実戦歴から、無用の長物と言われたり、航空機による戦闘が主流になりつつある時代に逆行していたことから"時代錯誤の大艦巨砲主義の産物"とともいわれています。

映画『アルキメデスの大戦』では製図監修をつとめて、大和などの登場艦船の設計図をすべて描き、最近『日本史サイエンス』も上梓した船舶設計技師が、大和は本当に無用の長物・時代錯誤だったのかを考えます。

巨大戦艦大和は、本当に無用の長物だったのか?

1937(昭和12)年8月21日、米内光政海軍大臣から第一号艦製造訓令「官房機密第3301号」により建造が始められた大型戦艦「大和」は、1941(昭和16)年12月16日、竣工、就役しました。予定よりも半年早く、真珠湾攻撃による太平洋戦争勃発の8日後のことでした。

戦艦大和は、帝国海軍、いや日本そのものの浮沈の鍵を握る存在として期待されました。後に、さしたる戦果も上げずに沈没してしまったことから、図体だけは大きいのに役に立たなかったものとして、ピラミッド、万里の長城とともに「世界の三大無用の長物」と揶揄されてもいます。しかし、本当に無用の長物だったのでしょうか?

私事ながら筆者は同年11月に大和より21日だけ早くこの世に生を享けた、いわば"同期生"です。そのこともあって、幼いころより大和には親しみを感じていました。2019年に、大和建造計画をめぐる漫画作品『アルキメデスの大戦』(三田紀房氏著)が映画化されたときは製図監修を依頼されて、撮影に使用する大和や長門などの戦艦、あるいは空母などの設計図を、すべて自分で手描きしました。

その中で、主人公である数学の天才、櫂直(かい・ただし。映画では菅田将暉さんが好演しました)が忌み嫌っていた軍人になったのも、海軍の巨大戦艦建造計画を阻止するためでした。新型戦艦計画決定会議の席上で、櫂はこう訴えます。

「最大級の戦艦ですと? そんなものを造ったら戦争が起きます! 国が滅びます!」

巨大建造物の建設は、国家滅亡の前兆であることは歴史が証明している、と櫂は言います。

巨大なものをつくってそれにすがろうとする、そうした巨大物信仰に取り憑かれた為政者の妄動が、莫大な国家財産の損失と、国民の犠牲という悲劇を生む、まったくその通りであると筆者も思います。

しかしながら、こうも思うのです。あの戦争で、大和は本当に、ただ無意味で愚かで、さらには日本が敗れる一因でもあったのだろうか。大和をそのようにしか見ないのは、あの戦争に隠れているものが見えなくなることにつながるのではないか、と。

最大・最強の超戦艦が生まれた背景

第一次世界大戦後、戦勝国となった英国、米国、フランス、イタリア、日本の列強5ヵ国は激しい軍拡競争に入り、とくに戦艦を競ってつくるようになりました。こうした動きに歯止めをかけるべく、1930年に米国の主導でワシントン海軍軍縮条約が締結されました。

また、この条約では規定外とされた主力艦(戦艦)以外の補助艦(巡洋艦、駆逐艦、空母など)についても、ロンドン海軍軍縮条約(1930年)によって制限されることになりました。

米国や英国はワシントン軍縮条約に抵触しない排水量3万5000tクラスの新主力艦の建造に着手していました。一方、日本では、最大の戦艦である長門や陸奥が建造後すでに10年以上も経過し、その他の艦も老朽化していたため、こつこつ改造を加えてはいましたが、それだけでは、スクラップアンドビルドの思想で新造艦をどんどんつくる米英に太刀打ちするには限界がありました。

【写真】戦艦金剛1914年竣工の英国輸入艦だった戦艦「金剛」。2つの海軍軍縮条約発効以降、一番の古参艦で、いく度も改装工事を重ねた photo by Kodansha Photo Archives

当時の日本海軍首脳は、世界情勢や日本がおかれた状況から、最悪の場合は対米戦を覚悟しなければならないと考えていたようですが、米国とは国力に大きな隔たりがあるのはいかんともしがたいところでした。しかも、ワシントン軍縮条約によって、米国と同じ隻数の主力艦を建造することもできません。

彼我の差は開く一方でした。そこで米国に対抗するため、数では不利でも、速度が速く、攻撃力に優れた戦艦があれば艦隊決戦に勝てるという発想が出てきました。すなわち量を質で補おうというわけです。ワシントン軍縮条約破棄後も、国力の問題から米国のように多数の戦艦を建造できないため、日本の戦艦づくりはこの発想で計画されたのです。

後に大和を1号艦とする大和型戦艦の計画A140計画は、こうした背景の中、1934年から始まったのです。そして、米国を仮想敵国とした日本海軍には、理にかなった思惑もあったのです。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/