中国で「日本発のロリータ服」が大流行していた…! 女性から支持を得ている驚きの理由

日本と「購買層」は結構違います
乃木 章 プロフィール

ある程度の品質を担保しつつも、新作が基本的に1万〜1.5万円(現地の場合)で購入できる価格の安さが若い女性にとって手に取りやすい。一方で、日本のロリータは高価なものが多く、一般的な10代や20代前半の女性が気軽に購入するのは難しい。

 

そんななか2020年7月23日には、多くの日本ロリータブランドが実店舗を構える新宿マルイアネックス7階に、中国ロリータだけを扱ったセレクトショップ「Snowdrop to Saint Maria」がオープンした。インターネット上でも中国ロリータのセレクトショップが増えており、今後の日本ロリータブランドに取って購買層が増える追い風になるのか、または“黒船”になるのか。