『紫電改343』(講談社)

【マンガ】帝国海軍最強のパイロット「デストロイヤー・菅野直」本土防衛を託された男の物語…

『紫電改343』無料公開中!

帝国海軍最強の男

「アイツが不死身のゼロファイター… デストロイヤー・カンノだ!」

太平洋戦争末期、日本本土に来襲する米軍と激烈な空戦を繰り広げた第343海軍航空隊のエース・菅野直(かんの・なおし)。彼を主人公として描いた漫画『紫電改343』(須本壮一)の単行本第1巻が11月20日に発売された。

新鋭戦闘機「紫電改」を類まれなる操縦技術で駆った菅野直、そして最強の343空の若きパイロットたちに課せられた「使命」とは何だったのか。

あらすじを紹介する。

敗戦の色濃い昭和19年11月、大日本帝国海軍大佐の源田実は「本土防衛の切り札」として、各地のエースパイロットを集めた超精鋭部隊の設立に踏み切った。それこそが、のちに伝説の航空部隊として名を馳せる「剣部隊」――第343海軍航空隊である。

だが、部隊の指揮を任せようと考えていたスーパーエース・菅野直には、特攻の命令が下されていた…!

単行本第1巻発売を記念して、現代ビジネスでは、本作のプロローグとなる第0話「五十六の密命」と、本編第1話を配信中。帝国海軍最強の男たちの生きざまをぜひ見届けてほしい。

 

担当編集者より一言

菅野直大尉をはじめとする343空のパイロットたちは、「事実は小説よりも奇なり」を地で行く“伝説”に彩られています。作中に登場するエピソードの多くは実際の記録や伝聞をベースにしていますが、「本当にこんなことが!?」と驚くような破天荒なものばかり。出てくるキャラ全員が主人公――まさにパイロット界のアベンジャーズ!それが343空なのです。彼らの熱く激しく眩しい生き様を、『紫電改343』を通してたっぷり味わってください!

▼続きが気になる方はこちら

単行本第1巻発売中!