コロナ第三波がヤバすぎる…菅首相が東京五輪を開催できる「唯一の手段」

一石二鳥の「凄まじい計画」だ…

コロナ第3波と後遺症の恐怖

新型コロナウイルスの「第3波」が来襲した。全国の新規感染者は11月19日、1日で2363人に上り、過去最多を記録した。東京都は同日、2日連続で最多の新規感染者を記録し、都独自の警戒レベルを最高に引き上げた。コロナとの闘いはどうなるのか。

感染拡大の第3波は、マスコミが伝えているグラフで読み取れる(たとえば、https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201117/k10012716911000.html)。これを見ると、春の第1波、夏の第2波よりも、今度の第3波のほうがひどくなりそうだ。波の高さが明らかに、過去より高い。

Photo by iStock
 

それだけでも心配だが、私が個人的にもっとも恐れているのは「感染した場合、後遺症が残りそうだ」という点である。私は60代後半の高齢者で、多少の持病もある。それで罹患してしまったら、完全に回復するとは、とても思えないのだ。

専門家の間では、早くから後遺症の懸念が指摘されていた。たとえば、大阪大学大学院の森下竜一寄附講座教授は5月に出版した私との対談本「新型コロナの正体 日本はワクチン戦争に勝てるか」(ビジネス社)で、こう語っていた。

「ECMO(人工呼吸器)につながれて治った重症患者には、大変な後遺症がありうると思います。だいぶ寿命も短いかもしれません。肺が線維化をきたし、かなりやられるみたいです。完全に元に戻るわけではないのです」(https://amzn.to/2Eh8QqY)。