コロナ第三波がヤバすぎる…菅首相が東京五輪を開催できる「唯一の手段」

一石二鳥の「凄まじい計画」だ…

コロナ第3波と後遺症の恐怖

新型コロナウイルスの「第3波」が来襲した。全国の新規感染者は11月19日、1日で2363人に上り、過去最多を記録した。東京都は同日、2日連続で最多の新規感染者を記録し、都独自の警戒レベルを最高に引き上げた。コロナとの闘いはどうなるのか。

感染拡大の第3波は、マスコミが伝えているグラフで読み取れる(たとえば、https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201117/k10012716911000.html)。これを見ると、春の第1波、夏の第2波よりも、今度の第3波のほうがひどくなりそうだ。波の高さが明らかに、過去より高い。

Photo by iStock
 

それだけでも心配だが、私が個人的にもっとも恐れているのは「感染した場合、後遺症が残りそうだ」という点である。私は60代後半の高齢者で、多少の持病もある。それで罹患してしまったら、完全に回復するとは、とても思えないのだ。

専門家の間では、早くから後遺症の懸念が指摘されていた。たとえば、大阪大学大学院の森下竜一寄附講座教授は5月に出版した私との対談本「新型コロナの正体 日本はワクチン戦争に勝てるか」(ビジネス社)で、こう語っていた。

「ECMO(人工呼吸器)につながれて治った重症患者には、大変な後遺症がありうると思います。だいぶ寿命も短いかもしれません。肺が線維化をきたし、かなりやられるみたいです。完全に元に戻るわけではないのです」(https://amzn.to/2Eh8QqY)。

その後、後遺症に関するデータも集まってきた。たとえば、国立国際医療研究センター・国際感染症センターの感染症専門医である忽那賢志氏はYahooニュースに投稿した「日本からの新型コロナ後遺症の報告 約2割が発症 約1〜4カ月後に脱毛の症状も」という記事で、後遺症に関する内外の報告を紹介している(https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20201024-00204411/)。

それによれば、国立国際医療研究センターに入院していた新型コロナ患者に退院後、電話インタビューをして63人から回答を得た。そのうち、発症60日後も嗅覚障害を訴えた人が19.4%、呼吸苦を17.5%、だるさを15.9%、咳を7.9%、味覚障害を9.7%の人が訴えた。また、24%の人が脱毛を訴え、症状は平均76日間続いた、という。

つまり、約2割の患者に、なんらかの後遺症が残ったのである。患者別でみると、酸素投与を受けた中等症の人が27%、人工呼吸器管理を受けた重症患者が8%だった。残りは軽症患者だ。軽症だからと言って、後遺症がないわけではない。

Photo by iStock
 

忽那氏は同じ投稿の中で「約3割の人に記憶障害、睡眠障害、集中力低下がみられた」というフランスの報告や、「身体障害・認知機能障害・精神の障害がある集中治療後症候群」を指摘したイギリス国立衛生研究所の報告も紹介している。

テレビでコメントする専門家は多いが、忽那氏のように、テレビだけでなく、一般向けにネットの活字でも解説している人は少ない。実にありがたく、感謝したい。

どうやら、新型コロナの後遺症は身体だけでなく、知能の働きにも悪影響を及ぼすようだ。

そうだとすると、私など、仮に罹患して命が助かったとしても、もはやコラム執筆はままならず、趣味のスキーもゴルフもできなくなってしまうかもしれない。そう考えると、ぞっとする。そんな状態で長生きしても、虚しいだけではないか。

実は「コロナの第3波が襲来した」というニュースを耳にしてから、私は毎日、そればかりを心配している。最近は仕事で新幹線や飛行機に乗ったり、ホテルに出向く機会も増えつつあったのだが、感染リスクを考えると、喜んでいいのかどうか。

老人の心配性と笑うなかれ。働き盛りの壮年だったら、害は自分だけでなく、家族の将来にも及びかねない。ここはマスクと手洗い、3密回避の大切さを強調したい。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
編集部からのお知らせ!

関連記事