別居している妻が… photo/iStock
# 離婚

離婚を迫る夫に、37歳専業主婦がひっそり仕掛けた「ヤバすぎる逆襲」の中身

別居はするけど離婚はしない。そして…

妻が離婚に応じてくれない…

「ディボース・イズ・マネー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「タイム・イズ・マネーなら知っている」という人が大半でしょう。これはお金より時間のほうが大事……お金を払ってでも(失ってでも)大事な時間を手に入れたほうがいいという考え方です。

一方、離婚は英語で「divorce」なので「お金より離婚のほうが大事」です。お金を払ってでも(失ってでも)離婚できればそれでいいという意味ですが、これはどういうことでしょうか。

夫婦関係が良好ならば結婚を続ければいいし、険悪なら離婚すればいい。夫婦は必ずしも二者択一ではありません。私は離婚に関する本を7冊出版していますが、夫からの相談で最も多いのは「妻が離婚に応じてくれない」。すでに夫婦は別居中。別々に暮らし、ほとんど連絡をとらず、唯一の接点は「生活費の送金」のみ。夫とやり直すつもりがないのに、ただただ離婚を拒む続ける妻という構図です。

離婚が成立しない photo/iStock
 

誰しも人生の時間は限られています。妻が首を縦に振らないせいで「離婚できずに別居を続ける」というのは苦しい日々です。それならば、いっそのこと離婚をお金で買ったほうがいいだろうというのが「ディボース・イズ・マネー」です。

では、どうすれば相手は納得してくれるのか。今回はそうしたことをめぐる「離婚の値段」について掘り下げていきたいと思います。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/