『紫電改343』(講談社)

【マンガ】太平洋戦争末期の空で最強と呼ばれた「紫電改」と菅野直、その鮮烈な生き様

『紫電改343』第1巻発売記念対談!

イブニングにて好評連載中の『紫電改343』。そのコミックス第1巻が11月20日に発売となる。発売を記念し、作者である須本壮一さんと、愛媛県にあるレジャーゾーン「南レク」内にて日本に唯一残された紫電改の実機展示を行う「紫電改展示館」の永元一広さんによるスペシャル対談をお届けする。

大戦末期に生み出された名機「紫電改」と、天才パイロットと名高い菅野直、部隊創設を手掛けた司令官の源田実をはじめとした海軍の精鋭が本土防空のために集結した「第343海軍航空隊・剣部隊」。最強と呼ばれた戦闘機部隊の足跡を追う本作が誕生した経緯とは。

戦記漫画の名手が描く「最強部隊」の物語

――須本さんが『紫電改343』を描かれたきっかけはなんだったのでしょうか。

須本:『夢幻の軍艦大和』やコミカライズを担当した『永遠の0』といった戦記漫画を描くにあたり、名古屋の大江時計台航空史料室を取材しました。その際、当時の館長だった岡野充俊さんから「本田稔空戦記―エース・パイロットの空戦哲学」(光人社)という本をいただいて。太平洋戦争を生き抜いた本田稔さんという搭乗員の方の空戦記で、この方が大戦の最後に所属していたのが「第343海軍航空隊」(以下:343空)だったんです。とても面白くて、いつかこの部隊の話を描きたいなと思っていたので、今回編集部から連載のオファーをもらったときに『紫電改343』を提案させてもらいました。

 

永元:拝見させていただいたときは、史実をもとにしたフィクションではあるけれどすごくリアリティを感じさせる内容で、須本さんはかなり熱い方なのかなと感じました。この時代のことをわからない方はもちろん、よく知っている方も、読みやすくてグッと引き込まれるのでは。紫電改ファンのひとりとして、よくぞこの作品を世に出していただいたと思っています。

須本:大戦の末期だと、日本のパイロットたちに残された手段はやはり「特攻」だ、という空気だったと思うんです。でもその中で343空に所属した人たちは「お国のために、一撃必殺」ではなく戦闘機に乗って戦い続けた。空を飛んでいたいという、パイロットとしての強い信念を持っていた人たちだったのだろうと思ったんです。もちろん特攻を命じられた人の中には、その道を選びたくても選べなかった人が多かったのでしょうが……。

それから343空という部隊に強い興味がわき、源田実さんや菅野直さんを中心にすることで漫画の軸が決まりました。けれども本当は、僕にとってはこのお話に出てくる人全員が主人公で、気持ちとしてはさまざまな主人公たちが集った、いうなれば日本版の「アベンジャーズ」みたいなお話なんです。