photo by Gettyimages

「陰謀論信奉集団」Qアノン、ついにアメリカ議会の議席を獲得…!

トランプ主義の不気味な拡散は続く

トランプ支持の陰謀論グループ

アメリカの共和党はトランプ後を模索し始めている。

過去、共和党は大きな思想的変遷を繰り返してきた。1960年代にバリー・ゴールドウォーター上院議員が共和党を保守主義の政党へと変える切っ掛けを作った。1980年代に自ら保守主義者を名乗るレーガン大統領が保守革命を行い、同時に新自由主義政策を打ち出した。そしてニクソン以来の南部戦略を実現させ、民主党支持だった南部を共和党の地盤に変えた。

そしてトランプ大統領の登場である。伝統的な保守主義に行き詰まりを突いて、ポピュリズムを共和党に持ち込み、共和党をポピュリズムと陰謀論に支えられる「トランプの党」に変えていった。

photo by Gettyimages

だがトランプ大統領の敗北で、共和党は新たな展開を迫られている。再び伝統的な保守主義に回帰するのか。それともトランプ大統領が敷いた路線を突き進むのか。党のアイデンティティをどう確立するのかが問われている。

そして、トランプ大統領を支持してきた陰謀論グループのQAnonは生き残るのか。

 

今回の選挙で明らかになったことは、QAnon支持グループが共和党内に確実な基盤を構築したことだ。政治サイトのFiveThirtyEightは「QAnonは2020年の選挙で議会を奪うことはできない。だが共和党の中にホームを発見した」と題する記事を掲載している(2020年10月29日)。