Photo by gettyimages
# 銀行

銀行業界に「追い風」で、いよいよメガバンクが「大復活」しそうなワケ

株価も凄いことに…

大手行の中間決算集中日を前に、銀行セクターを改めて検証する。決算は概ね期初想定通りと見られる上、事業環境を考えると、ポートフォリオ構築に大手行株は外せないセクターとなりつつある。

むしろ、銀行は、当面は“FOMO”(Fear of missing out投資しないリスク)を意識せざるを得ない業界であると考える。以下でその理由を挙げる。

「上出来」の決算内容

4-6月期(1Q)の当期純利益の達成率は、大手行平均で26%と例年に比べればやや低かった(図表1-1)。上期決算でも、その傾向から大きな変化はなく、上期の達成率も概ね50%程度となると考えられる(図表1-2)。

しかし、この達成率は、過去半年余のコロナ禍を考えると上出来と言えよう。個別では、与信費用が小さいみずほFGの達成率が高めとなりそうである。