Photo 森 清

池上彰が語る「日本人の読解力急落」の衝撃――なぜ、読解力が必要なのか?

なぜ、読解力が必要なのか?(1)
「日本人の読解力が急落」――2019年のそのニュースは各新聞を賑わせ、日本中に大きな衝撃を与えた。では、そもそも“読解力”とは何を指すのか、人生においてどう位置づけられるのか…。
たとえば、「場違いな発言や行動をしてしまう人がいるけれど、いったいどうして?」「仕事がうまくいく人といかない人の違いは何?」「すぐ人と打ち解けられる人はどこが違うの?」などなど……その答えが「読解力」。
池上先生が、人生でいちばん身につけたい生きる力=「読解力」のつけ方を伝授。社会に出たらこの力こそ最大の武器です。

講談社+α新書『なぜ、読解力が必要なのか?』から注目の章を3日連続でピックアップ!
 

「日本人の読解力急落」の衝撃

2019年12月4日、新聞各紙が一斉に「日本の読解力15位」「続落」「後退」と報じました。79ヵ国・地域の15歳(日本は高校1年生)約60万人の生徒を対象に実施された2018年の「PISA(学習到達度調査)」で、日本の読解力の順位が、前回2015年の8位(516点)から15位(504点)に下がったというニュースです。

※画像はイメージです。Photo by iStock

日本経済新聞は「読解力、過去最低の15位」とショッキングな大見出しを打ちました。読売新聞は翌5日も、このニュースを受けて「国語力が危ない」という連載記事を一面トップに掲載し、「この公園には滑り台をする」「文章作れぬ若者」と見出しをつけています。ダウンタウンの松本人志さんもツイッターで「日本の子供達の読解力が世界的にみて劣ってるらしい。。。」と話題にするなど、この「読解力15位」のニュースは波紋を広げました。

PISA調査とは、経済協力開発機構(OECD)が実施している国際的な学習到達度調査で、PISAはProgramme for International Student Assessment(国際生徒評価のためのプログラム)の略称です。

「21世紀に必要となる主要な資質・能力」として、読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの3つを調査しています。この2018年調査において、日本の数学的リテラシーは6位(527点)、科学的リテラシーは5位(529点)で、世界トップクラスの水準を維持していました。読解力だけが大幅に順位を下げたということで、大きく報じられたのです。