©三田紀房

スーパーショットも!三田紀房「世界標準のラウンドレッスン」を体験

人生最後の「ゴルフスイング改造」計画
『ドラゴン桜』や『アルキメデスの大戦』などのヒット作で知られる人気漫画家・三田紀房さんが、『世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法』シリーズがベストセラーとなっている板橋繁コーチによる短期集中レッスンを受講中だ。

約1ヵ月、計3回に渡って、板橋コーチからG1メソッドの体さばき、クラブさばきを教わり、スイング改造に取り組んできた三田さん。

【写真】三田紀房さん 「世界標準のスイング」体得に挑む三田紀房さん。『ドラゴン桜』『インベスターZ』『アルキメデスの大戦』などヒット作を多数、生み出してきた

自宅では、クラブに装着して振ることでG1メソッドのスイングを体得できるイメージフェイスとイメージスイングを使って、スイングを確認。腕を返さずにハンドファーストでボールを打つことにチャレンジしてきた。

最終回は、実際のコースでその成果を試すとともに、傾斜やラフの対処法など、状況に応じたショットのラウンドレッスンを体験してもらった。

レッスン会場は、東京・町田市にある東京国際ゴルフ倶楽部。多摩丘陵の変化に富んだ地形を生かした丘陵コースだ。

この日は、板橋コーチが主宰するゴールドワンゴルフスクールの水石琢哉コーチ、原田凌コーチとともに、インコースの9ホールをラウンドした。

早速、ラウンドリポートしていこう!

(取材・文/水品 壽孝)

注目の第一打

板橋 練習場では、前回のレッスンでお伝えした「軸回転」がしっかりできていました。自信をもってラウンドしていきましょう!

三田 はい。でも、緊張しますね。

そういって、三田さんが放った第一打は、ややプッシュアウト気味にフェアウェイ右サイドへ。練習場ではナイスショットを連発していた三田さんだが、さすがにコースでは勝手が少し違ったようだ。

右サイドにはOBがあるが、ボールは斜面の途中で止まっていてギリギリセーフ。しかし、アマチュアがミスをしやすい「つま先上がりのライ」だ。ここで早速、板橋コーチのレッスンが始まった。

「つま先上がりのライ」の打ち方

板橋 つま先上がりのライでは、つま先寄りに体重をかけ、ややハンドダウン気味に構えます。「手を返す」動きと「右手でボールを突きにいく」動きは厳禁! 絶対にやってはいけません。クラブを横に引き、右ひじを曲げたまま、左に振り抜いてください。

三田 やってみます。

板橋コーチのワンポイントレッスンを受けた三田さんは、見事に斜面からの脱出に成功。ボールをフェアウェイまで戻すことができた。

アマチュアゴルファーの場合、ティーショットのミスによって2打目をライの悪い場所で打つことになり、さらにミスを重ねて、スコアを崩すことが多い。リカバリーショットでミスをしないことが、スコアを縮めるための大切なポイントだ。

三田さんは、傾斜地からのショットのなかでも、左足下がりが大の苦手。トップしてゴロを打ってしまうことがたびたびあるという。じつは、ラウンド前の練習時に、板橋コーチが、その左足下がりの対処法も伝授していた。